2017年04月22日

「塞翁が馬」という名のワイン

IMG_2080.JPG

「塞翁が馬」(さいおうがうま)。なんともすごい名前のワインです。このワインは、余市町にある藤澤農園で育てられたものを、栗沢の10R(トアール)ワイナリーで醸造されました。醸造家のブルースさんは、何度かテレビにも出られたことがあるので、ご存知の方もいるかもしれません。

このワインの名前にもなった「塞翁が馬」は、ことわざの「人間万事塞翁が馬」からとったものです。「幸福や不幸は、予想しようがない。また、幸せが不幸に、不幸が幸せに転じるかもしれないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」ということの例えですね。

さて、ワインの話に戻ります。ケルナー100%で、ヴィンテージは2014年。2014年は夏の気候により糖度が高いぶどうが収穫されたようです。発酵させるのに、なかなかご苦労があったようですが、結果として「ぶどうに任せた」出来栄えが、最高のワインになりました。

ワインの名前になった「塞翁が馬」は、作る過程での試行錯誤や苦労が転じて、良いワインになることを示唆したもののようです。発酵はうまくいく!と、ぶどうの力を信じた気持ちがこもっているかのようなワインでした。
甘さを感じるのだけど、ベタっとしていなくて、潔さが口の中で通り過ぎるというのかな。その味わいを何度も確かめたくて、ワインが進みます。(^-^;;

この日は、ココ・ファーム・ワイナリーのピノグリもいただきました。ご存知白ワインの定番ともいえる品種のピノグリですが、「これが!?」という驚きのお味。大変質が良く、深い味わいでした。余市で育った、ピノグリを使っています(写真中央)。

IMG_2086.JPG

ワインをいただいたお店は、大好きなフレンチレストラン・カザマさん。
本州から来札してくれた、Cちゃんご夫婦に、春満載のお料理と、おいしいワインをごちそうになりました。m(__)m

お料理も季節感あふれるものばかりです。とくに、かに風味のムースにジュレとウニがのったアミューズは、「この世の最後の食事に何を食べたいか」と聞かれたら、これをお願いしたいほど、おいしかったです。
小さなココットの中に、シェフの愛情と技がぎっしり詰まった一品でした!(写真上段左)
コンソメスープは、雑味が全くなく、優しい旨みがあふれています。(写真上段右)
個人的に定番になっている、野菜たっぷりのシャルキュトリー盛り合わせ(写真下段左)は、この一皿で白ワインがぐいぐい進みそうなほど、お肉のパテやテリーヌなどがたっぷり。
来月もお邪魔したいです!

IMG_2067.JPG IMG_2072.JPG
IMG_2069.JPG IMG_2074.JPG

フレンチレストラン・カザマ
http://www.pkazama.com/

10Rワイナリー
http://www.10rwinery.jp/

ココ・ファーム・ワイナリー
http://cocowine.com/

posted by AGI at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

カムバック

IMG_2060.JPG


久しぶりに、「買いだめ」したワイン。 トーレスのサンヴァレンティンです。スペインの名生産者ですね。一般には、牛のチャームがついているので見かけたことのある方も多いでしょう。品種はグルナッシュ100%。これは、今年のバレンタインデーの頃に出回ったワインで、」チャームは牛じゃなくてキューピッド。牛だと、「あなたに猛突進」のメッセージ強すぎるからかな(笑)。

IMG_2061.JPG


季節外れ商品として、近くのスーパーで定価1600円が1000円になっていたのを見つけ、足蹴く通って買いだめしたのです。見つけた方、味は確かなのでぜひ、お勧めいたします。

・・・と、何気なく書き始めましたが、2011年6月から約6年余り放置したままでした。
その間、毎日平均30人ぐらいの方がコンスタントに見に来てくださっているようで、気にはなっていたのですが、様々な事情もあり、久しぶりの更新となりました。

この6年、本当にいろんなことがありました。人生の大きな転換期は何度かあると言いますが、いちどにドドーンとやってきた感があり、時間がない云々より、気持ちが「書くということ」から反れてしまっていたのです。どちらかというと、ネガティブな要素が多かった6年間ですが、苦労話を書き綴るつもりはありませんが、乗り越えてきた体験は、同じような状況にある方のために、少しでもお役に立つかもしれないとも思うので、折々書いていこうかと思っています。
でも中心は、大好きなワインや料理の話になるとおもいますが。(^-^)/

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by AGI at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

2011年の梅ちゃん到着! 梅干6年生

DSCF9384.jpg

今日、楽しみにしていた梅酒と梅干し用の梅が、和歌山県から届きました。
ここ4年ほどは、同じネットショップから取り寄せています。

○紀伊国屋文左衛門本舗
http://www.rakuten.co.jp/bunza/

梅干し漬けも今年で6年生となりました。1年生当時から、漬け方は一貫してジップロック漬け! 手軽で簡単なので、毎年続けられます。ジップロック【大】の袋で、だいたい梅1キロぐらい漬けられるので、目安も付けやすいですね。この袋のサイズだと、2Lサイズ〜3Lサイズの梅がちょうどよさそうです。

さて、今年は3Lサイズの梅を頼みました。3Lサイズは、だいたいゴルフボールぐらい。4Lだとゴルフボールよりちょっと大きくなるので、迫力がありますよ!

実は忙しくてUPできなかった2009年、2010年もちゃんと梅酒も梅干しも漬けています。方法が一緒なので、あえてUPしなかったのですが、2009年は4Lの梅で梅酒と梅干しを漬けました。梅が大きかったこともあり、3ヶ月目ぐらいでも、あまり梅のエキスが抽出できず、途中で2度に分けて氷砂糖を入れ足しました。

2009年はちょうど母が札幌に引っ越してきたタイミングに重なったこともあり、青梅で漬けていた梅酒のタイミングを逃し、梅干しと同じ完熟(黄熟)した梅での梅酒づけになりました。ところが! この完熟梅の梅酒がなかなか良く仕上がったため、翌2010年も完熟梅で漬けてみました(この年は3Lサイズ)。

青梅の梅酒は、どちらかというとサラリとした梅酒になりますが、完熟梅はトロンとした仕上がりになります。これは、好みですね。

今年は3Lサイズの完熟梅を10キロ取り寄せました。今日は梅洗いと梅のヘソ取りをして、室内で軽く水分を飛ばしています。完熟してからは熟すのが早いので、明日は梅干しと梅酒づけを開始です!

↓ちなみに、過去の梅仕事の記事はこちら。

○2008年の梅酒仕込み
http://agi-site.seesaa.net/article/101586242.html

○2007年 梅干2年生(土用干し)
http://agi-site.seesaa.net/article/48311122.html

○2006年 梅干1年生
http://agi-site.seesaa.net/article/22360729.html

ご参考までに! みなさんも楽しい梅仕事、始めてみませんか?
1キロから気軽に始められますよ〜♪



posted by AGI at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

第9回ヨーガ療法学会 in 札幌 無事終了!

DSCF9379.jpg
大変ご無沙汰しております。
震災後、いっさい記事を更新していなかった事情の一つが、札幌のヨーガ療法学会開催の実行委員として、奔走していたことがあります。

過去5年間、毎年各地の学会に参加していましたが、今年は当地での開催とあり、仕事も家事もちょっと棚上げにして、ここ3カ月以上パワーを集中させておりました。

お陰様で、25日(土)の学会には予想を上回る数の参加者をいただき、当日参加も増えたことで、途中で会場の椅子が足りなくなり、急きょ補充したほどでした。
遠方からもたくさんの方に来ていただきました。海外からの参加者もおりました!
みなさん、ありがとうございました!

学会のオフィシャルサイトでは、実行委員がみんなで記事を更新していますので、そちらもぜひご覧ください!
http://nord-yogatherapy.seesaa.net/

トップの写真は、学会終了後、労をねぎらってくださった方からの花束と、帰宅してダーリンと共にプチ打ち上げをした時のシャンパンです。お花とも色味がバッチリ合っていて、嬉しかったです〜。

yoga2011.jpg

実行委員のみんな、お疲れ様でした〜。
posted by AGI at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

ご心配をおかけしています。

このたびの地震について、被災されている方には、心よりお見舞い申し上げます。
私は東北出身なので、友人、親せきもたくさんおり、安否の確認に時間がかかりました。
被害の拡大がマスコミで報じられるたびに、愕然としておりますが、どうかひとりでも多くの方が救出され、被災されている方がはやく元の生活に戻れるよう、祈ってやみません。

また、北海道でも沿岸の方は大きな被害が起きているようです。
札幌は、震度4ぐらいの地震と余震が続きましたが、大きな被害の報告はないようです。
ニュースを聞いて、関東・関西方面からの友人たちから、たくさんの心配と励ましのメールを頂戴しました。
とても心強い限りです。ほんとうにありがとう。

ニュースを見て心痛めてばかりもいられないので、今できることに集中して、いくばくでもお役にたてることを探したいと思います。



posted by AGI at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする