2011年03月06日

東京出張(1)南部亭(東京都・日比谷)

DSCF9109.jpg

3月に入って早々、3日間の東京出張に出かけてきました。イベントの取材と、東京スタッフとの打合せがメインの仕事。が、やはり出張となると短い時間でスタッフや友人と会うために連日楽しい外食続き。今回も食べ過ぎた〜!(笑)

トップの写真は、新千歳空港で購入した空弁当。手毬寿司で量が少なめに見えますが、意外とお腹がいっぱいになりました。昼前のフライトの時はいつも、空港内にあるラーメン道場の「あじさい」で塩ラーメンを食べてから出かけるのが常ですが、今は改装中でクローズしていました。6月に空港内がリニューアルされるようです。

さて、到着した東京は、風は冷たかったのですが気温は穏やかで、しばし氷点下の札幌の寒さを忘れます。ホテルチェックインと同時に雨が降り出したため、散策を断念し、晩ご飯までホテルにて仕事です。

初日の夜は、ワイン仲間のCちゃんご夫妻にご案内されて、帝国ホテルの会員制バーを経由、その後は日比谷公園内にある、歴史あるフレンチ「南部亭(なんぶてい)」に連れて行ってもらいました。

⇒和洋折衷の素晴らしさ!
posted by AGI at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

あんかけや「天紅(てんこう)」(札幌市)

DSCF9038.jpg

今日から3月。春ですね!と言いたいところですが、札幌はいい感じで融けた雪の上に、夕方からうっすらと積もりました。トップの画像は、最近ちょくちょくお邪魔している、あんかけ専門の「天紅」さん。

札幌市北区北24条西4丁目 011-717-7280
※定休日月曜に変わったようです(2011年3月1日現在)。

北24条駅から3分ぐらいの便利なところにあります。フクちゃんの近く。
昨年夏にオープンしてから、何度かお邪魔していますが、徐々に味がグレードアップしてるような気がします。

あんかけの「あん」のゆるさは、人それぞれで好みが違うと思いますが、私はここのあんが、硬すぎずちょうど良い感じ。

お勧めは、エビ焼きそば(塩味)、鶏肉麺(辛口の汁そば)。
いずれも「あん」がかかっているのですが、焼きそばは油で揚げた麺に、とろりとしたあんがかけてあり、食べている間に、カリカリ麺がフニャラカ麺に変化して、触感の違いが楽しめます。添えてあるからしも、ツーン感があまりなくて、食べやすい!

鶏肉麺は、片栗粉をつけて揚げた細切り鶏肉をあんと和えて、スープラーメンの仕上げにかけてあります。かなり熱々なので、猫舌の方は「麺固め」とオーダーした方が良いかもしれません。
ちなみに、私は猫舌じゃないけど固麺が好きなので、いつも麺固め。
こちら650円と、コストパフォーマンスはかなり高いと思います!

お母さんと息子さん2人で切り盛りしている、こじんまりとしたお店。
平岸の同名の中華料理屋さんの、あんかけ部門ののれん分け、と聞いています。
仕事の都合でランチを食べ損ねて、遅い午後に行くと、何だかホッとするお店です。

posted by AGI at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

満開の桜と「楽」(旧やまと・新宿3丁目)

DSCF7744.jpg

先週の木曜日、日帰りで東京に行ってきました。札幌-東京間は便数も多いため、それほど待ち時間のストレスはないですね・・・といっても、今回は行きは9時代のフライトで帰りは17時代だったので、比較的楽だったかもしれません。しかし、行き帰りは爆睡でした、はい。(^-^;;

今回、ランチはお気に入りのお店に行きました。かつて、新宿サザンテラス近くにあった湯葉と豆腐の名店「やまと」が移転して「楽」と改名し、新宿3丁目にてリニューアル。やまと時代は、友人知人と何度となく足げに通ったので、当時のお店がなくなったのは残念でしたが、新店舗も初来店を楽しみにしていました。


⇒場所は変わっても・・・
posted by AGI at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

ザ・テラス高輪(東京都・品川区)

DSCF7587.jpg

早いもので、昨日から新年度ですね。何かと忙しい年度末の余韻がまだ残っていて慌ただしいですが、元気にしています。札幌も雪解けが急速に進んで、春が近づきました。今のうちに、ひんやりする冬の名残を楽しんでおきましょうか。

先月のネタになります。m(_ _)m 3月5日、3泊4日で東京出張へ。取材当日に、朝早いフライトを予約していたのですが、前日の大雪で、私の乗る便は欠航・・・(^0^;;。あせってもしょうがないので、新千歳空港で空弁を買って早めのランチを。
DSCF7569.jpg DSCF7570.jpg
ほっけ蒲焼弁当は、初めて食べました。小ぶりのホッケの半身を、かば焼きのたれで焼いてあるのですが、これがなかなか美味でしたよ。ほどよく脂が乗っていて、甘辛いたれがよく合いました。添えられているのは、ジャガイモの素揚げや薄味の野菜。量も小ぶりなので、女性にはちょうどよいかもしれませんね。

何とか2つ遅い便で東京に着いたところ、気温は23度!札幌と約30度の気温差にカラダもびっくりでした。取材に同行した東京のスタッフに、自宅前の大雪の写真を撮って見せたところ、のけぞるほど驚いておりました(笑)。

取材先はこちら。DSCF7573.jpg
FOODEX(フーデックス)といって、年に1度、幕張メッセで開催されるバイヤーと飲食関係者のみ対象とした、食の祭典です。弊社のお客さまもいくつかブースを出しているので、その取材に伺いました。ほんとはゆっくり他のブースも見たかったのですが、なんせ飛行機が遅れたもので、予定よりだいぶ遅く・・・というか、ほとんどギリギリに着いて、慌てて取材に走り、何とか無事に終了。その日仕事が終わって直行したのは、銀座のビアホール(笑)。

土日の用事も無事にこなし、夜はワイン仲間のCちゃんご夫妻が、品川駅から少し歩いたところにある「ザ・テラス高輪」というレストランにご招待くださいました。m(_ _)m

⇒異国情緒漂う一角
posted by AGI at 08:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

東京出張

DSCF5426.jpg

昨年12月は、実家の弘前に所用で帰省して、戻ってきてすぐに東京出張があったり、月の前半は札幌を出たり入ったりしていました。その出張からも、もう1か月が経とうとしています。毎回ギュウギュウに打ち合わせを詰め込むので、札幌に戻ってからぐったりしてしまうため、今回は少し緩めのスケジュールにしました。トップの写真は、レストランの鏡に映ったシャンデリアと高層ビル。外の雨の感じも、ちょっぴり出ているかな?

⇒久々の東京で。
posted by AGI at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

眠らない街

雨の新宿

新婚早々、2泊3日で東京に出張してきました。
折からの梅雨を恐れていたのですが、それほど気温も高くなく、本降りの雨にも見舞われずに充実した仕事をして戻ったばかりです。

今回は打合せの拠点となる新宿に連泊。新宿プリンスホテルのリニューアル済みのフロアに宿泊です。部屋はそれほど広くはないけど、ダブルのシングルユースだったので伸び伸びできたこと、パソコンを広げるデスクが広かったこと、窓が大きくて開放感があるなど、なかなか快適でした。

不思議だったのはお湯のポット。最近ではどこでも湯沸しポットが置いてあるのに、なぜか保温用ポットが。説明を読むと、お湯はエレベータ脇の給湯設備からご自由にどうぞとのこと。
確かにフロアごとに自販機や製氷機があるのは便利だけど、お湯ぐらいは部屋で沸かしたいな〜。朝一番のコーヒー用に、寝ぼけた格好でお湯汲みに行くのも面倒だな〜と、この1点だけが気になりました。

トップの写真は、夜中に降り出した雨にぬれた街並み。歩き慣れた街を高いところから眺めるのは、なんだか不思議な気がしました。

1日目の夜はワイン仲間のCちゃん夫妻に、すっかりご馳走になりました。m(__)m
久々に行った新宿のメゾン・ド・ハズキ。感じのいいテキパキしたマダムが印象的でした。新宿駅南口から至近で、ひとりでもゆっくりできるようなカウンターもあります。

ポークロースト 玉ねぎソース 本日のワイン
美味しいものをたくさんいただいたのですが、中でも絶品だったのが写真左の青森県産南昌豚のロースト 玉ねぎソース。このソースが美味しくて絶賛したところ、シェフがこっそりレシピを教えてくれました!! これはさっそく作ってみなくっちゃ。お肉以外にも、パスタにも合いそうな爽やかな風味でした。

写真右は、当日の「成果」です。右から、スパークリングでマルキ ド・ペルラードのブラン・ド・ブラン、シャトー・ラトゥールのマコン・ヴィラージュ、モニカ・ディ・サルディーニャ。とくに最後のモニカはスパイシーながら果実味もあり、たいへん満足の1本でした。

朝から移動と打合せでバテバテだった私を癒してくれた、おいしく楽しい夜でした。m(__)m
posted by AGI at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

翠明荘[すいめいそう](懐石料理・青森県弘前市)

翠明荘のメニュー

先日、カレシ家とAGI家の親族の顔合わせで、弘前に全員集合しました。着いてからすぐに、大好きな高砂の天ぷら蕎麦に直行! 相変わらずでっかい海老の天ぷらは健在で、お蕎麦も美味しく皆さんにも大好評でした。

夜は老舗の翠明荘にて、懐石料理をいただきました。トップの写真は、席に置かれていたメニューと和紙のマットです。季節に合わせて、都度替えているとのこと。ガーゼのナプキンが置いてあり、持ち帰ることができました。
メニューは地物の魚介と野菜を使ったを中心とし、いずれも量は少なめで目に美しく女性好み。でも食べ終わる頃にはおなかは八文目・・・という理想的なものでした。

翠明荘のお庭 翠明荘
お部屋は見事な庭園に面していて、夜はライトアップされて綺麗でした。静かな館内に獅子おどしの音が響き、風情たっぷり。かといって、完全に和式かというとそうでもなく、別室は明治時代の洋館にあるような調度品も置いてありました。

写真の欄間は岩木山をモチーフにしたものとのことで、1枚板に彫刻しているそうです。実はこれ、テレビ番組の「何でも鑑定団」に出したところ、600万円の値がついたシロモノ。館内の造りや歴史も話題になり、食事は実に楽しいひとときでした。

0602_03.JPG 0602_04.JPG
お料理の写真はたくさん撮ったのですが、中からセレクトして。左の写真は器が綺麗でしょ。マットやメニューに合わせて菖蒲が描かれています。中のお料理は焚き合わせ。右の写真は、鮎の稚魚の中にカマンベールチーズを挟んで揚げたもの。おかわりしたいくらい、おいしかったです。ビールが進みそう!(笑)
お酒は地酒の他に、ワインもありました。
お店はランチもやっていますが、要予約です。靴を脱いで上がるので、リラックスできますよ♪
隣接して、飲茶が人気の中華料理店もあります。

⇒ 食前の運動に。
posted by AGI at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ばら色に染まる、送別会

送別会のブーケ

昨日、長いお付き合いの友人達4人が送別会をしてくれました。
全員揃うのは、実は数年ぶり。お互いのアップデートをしたり、おいしいお料理に舌鼓を打ったりで、あっという間の3時間半。

トップの写真は、いただいた春らしいブーケです。
私の好きな色とお花をセレクトしてくれました。みんな、ほんとにありがとう。m(__)m

⇒ みんなが選んでくれたお店は?!
posted by AGI at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

ベルギー料理 シェ・ミカワ(東京都・港区赤坂)

ムール貝のワイン蒸し

昨日はワイン仲間のCちゃんご夫妻が、送別会を催してくれました。m(__)m
ベルギー生活が長かったご夫妻が選んでくれたのは、ベルギー料理のお店「シェ・ミカワ」です。東京メトロ千代田線 赤坂駅2番出口からすぐのところにあります。お店は結構広く、テーブル間のスペースも十分取ってあり、とても洗練された空間でした。奥には畳のお座敷もあり、会社帰りの団体さんで賑わっていました。

ベルギー料理というと、何となくフレンチ系のイメージがありましたが、今回いろいろと食べてみたところ、ハーブと野菜がたっぷりなので、お腹にもたれることもなく、とってもヘルシーでした。ベルギーといえば、ビールも有名ですが、こちらでも豊富な種類を取り揃えており、最初にいただいたヒューガルデンは、樽生でとても口当たりがよかったです。

私は飲むとあまり食べるほうではないのですが、今回はどれもこれもが、あまりにもおいしくて、どんどん箸が進みます。お酒もビールとワインをいただいたのですが、私はいつもどおりの量をしっかりと飲んでいたつもりが、ご夫婦からみたら「かなり少ない」と映ったようで、体調悪いの? 引越しの準備で疲れてるの?と、大変心配いただきました。いえ、それが人並みの飲酒量なのかも・・・(笑)。

⇒ 美味しいお料理はこちら。
posted by AGI at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

G’drop(東京都千代田区・JR神田)

大きな花束

このところ、ずっと家で仕事&卒論にかかりきりだったのですが、昨日は久しぶりに街に出ました。
仕事関係の仲間が早々と「旅立ちの祝いの会」を設けてくれたのです。
写真はいただいた大きな花束。両手で抱えるほど、春のお花がたくさん!
みなさま、ありがとうございました。m(__)m

お店は神田駅近くのG’drop。ここは2回目ですが、グラスで飲める種類が多いことと、テイスティング用にバイザグラスより安い値段で味見ができるのも魅力です。品種、生産国ともバランスよくチョイスしてあります。

今回は総勢7名だったので、あれこれ試すことができました。グリーンポイントのロゼスパークリングに始まり、ニュージーランドのソービニョン・ブラン「スパイヴァレー」、カリフォルニアのシャルドネ「ヘロン」、カリフォルニアのシラー「フュセ」、ボルドーの「シャトー ラネッサン'97」などなど。グラスで飲んでおいしかったのは、ボトルで頼んだり、というのができて楽しかったです。
私が気に入ったのは「フュセ」。みんなに人気が高かったのは「スパイヴァレー」でした。

豚肉のリエットお料理はワインのつまみがあれこれ揃っています。左の写真は豚肉のリエット。ハーブとペッパーが効いてておいしかったです。他にもたくさん頼んだのですが、話に花が咲き、カメラがお留守になりました。m(__)m

posted by AGI at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

ラフェ・クレール(東京都品川区・JR大崎)

キンメダイのカルパッチョ

先日、ワイン仲間のCちゃんと今年最後の定例会を開催。お互い年末で忙しい合間を縫って、今回は大崎にあるラフェ・クレールでランチ忘年会となりました。こちらのお店は、Cちゃんが以前ディナーをいただいて美味しかったとのことで、一度行ってみたいと思っていました。本日はシェフお勧めのコースに、ゴッセのシャンパンをいただきました。

ラフェ・クレールは、大崎駅直結のゲートシティ・大崎の地下1階という、大変便利なロケーションにあり、ランチタイムは近隣の会社員の方で賑わっていました。いただいたメニューはいずれも良い意味で軽く(ライト)、シャンパンが進みました。(^-^)ゞ
予約はネットからしましたが、メールのレスポンスもよく、お店のサービスも丁寧で好印象でした。

⇒ 野菜自慢のメニューです。
posted by AGI at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

12月のエル・ダンジュ(東京都多摩市・京王線 聖蹟桜ヶ丘)

ズワイガニとカリフラワーのお菓子仕立てミモザ風

昨日の夜中、多摩地区では1時頃から、凄まじい雷の三重奏が1時間も続き、あまりの迫力に今朝は寝不足気味です・・・。(^-^;;

街のレストランでは、怒涛のクリスマスがようやく終わって、普段どおりのメニューに戻り、落ち着きを取り戻した気配がありますね。クリスマスツリーは来年までお蔵入り、代わってお正月飾りに衣替えの時期です。

クリスマスの前、友人のYさんと自宅近くのエル・ダンジュへご一緒しました。時期的に無理だろうな〜と思ったら予約が取れ、ラッキー! こちらのお店は、デザートも充実しているのですが、いかんせん、食後は甘いものはそれほどほしくない私、毎回ここではアラカルトで頼んでしまいます。(^-^;;

⇒ 12月のエル・ダンジュのメニュースタート!
posted by AGI at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

うかい鳥山、再来訪

合掌造りの建物

先週の土曜日、お世話になった上司のお墓参りに高尾山まで行ってきました。
小雨が降りしきり、紅葉の残っている山間に霧が立ち込めて、何とも幽玄な雰囲気でした。
周辺は竹林があったり、綺麗な川が流れていたりと、生前山が好きだった彼はきっと大いに気に入っていると思いました。

お墓参りの後、奥様とご一緒に、うかい鳥山へランチに行きました。
そういえば、ちょっと前に行ったときも雨だったなぁ。(^-^;;
前回は夕方4時過ぎとあって個室も取れましたが、今回は週末のランチタイムだったこともあり、大広間へ通されました。

トップの写真はその大広間。フロントいったん外に出て、道路を挟んだ合掌造りの建物の中にあります。戦国時代の武家造りを取り入れた、約400年前の建造物で重要文化財です。富山県からこの地に解体・復元したそうです。

⇒本日の炭火焼
posted by AGI at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

活水料理 やまと(東京都新宿区・JR新宿駅)

錫のチロリ

先日、ようやく今年最大のプロジェクトの打ち上げをしました。
10月半ばにリリースをして、あれこれ後片付けなどして、ようやくひと段落です。

このプロジェクトは、私を含めスタッフ5人が全力投球して完成させたもので、感慨もひとしお。仕事がピークで辛いときは、打ち上げでみんなが笑顔で乾杯し、美味しくお料理をいただく場面をイメージしながら乗り越えたのが、なんだか懐かしく思い出されました。

打ち上げをしたお店は、私が会社員時代から贔屓にしている、お豆腐と湯葉のおいしいお店「活水料理 やまと」です。ここは仕事やプライベートでも、大切な人しかお連れしないところ。なので、今回も打ち上げはここ、と何ヶ月も前から決めていたのです。

お店はビルのテナントの一角にありますが、とてもそうは思えない造りです。厨房が見渡せる奥行きのあるカウンター席あり、バー風のカウンターあり、掘りごたつのテーブル席あり・・・といろいろです。靴を脱いで上がるので、靴下は穴のあいていないものを履いていきましょう。(^-^)

大切なお席のときは、早めに予約をして用途を伝えると、良いお席を準備してくれます。とくに12月は忘年会シーズンなので、平日でもかなり混雑します。静かに過ごしたいときは、夜よりランチタイムがお勧め。ランチはコースのみですが、盛り付けが実に綺麗なお弁当もあり、目にも美味しいこと請け合いです。

そうそう、トップの写真はお店で出てくるもので、日本酒が1合が入る錫製のチロリです。これがまた冷酒が実に美味しく感じるんですよね。無骨で歪な感じもしますが、妙に手に馴染むしっくり感もあり、お気に入りです。

⇒ スタッフが緊張したメニューとは(笑)
posted by AGI at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

うかい鳥山(京王線・高尾山口)

うかい鳥山

先日、スピリチュアルな飲み友達の重さんにお誘いいただき、京王線の終点 高尾山口駅近くにある、「うかい鳥山」に早めの忘年会に行ってきました。高尾山口駅前より、無料のマイクロバス送迎があるので便利です。

10年も多摩地区に住んでいながら、うかい鳥山は、「なんとなく行けなかったお店」です。ちょっと敷居が高そうだったり、ちょっと遠く感じたり・・・。実際、年齢層は高めのお店で、最初は目上の方に連れて行ってもらうと勝手がわかって安心するお店でした。

園内の紅葉ちょうど写真のように紅葉が見頃で、6,500坪の日本庭園に点在する数寄屋造りの離れでいただくお料理は、とても風情があり、東京都内とは思えない別世界でした。



うかい鳥山の庭園こちらは離れのお部屋から臨む庭です。園内に川が流れていて、雨のために池の水も増水していました。雨にぬれた庭園もしっとりしてよいものです。



お料理は備長炭を用いた炭火焼き料理が中心なのですが、この日は季節限定の「鴨すきコース」なるものをいただきました。

⇒ 「鴨すき」ってどんなの?
posted by AGI at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

11月のアスタナガーデン

紅葉

22日〜26日まで、2ヶ月ぶりで休みらしい休みを取って、北海道に行ってきました。珍道中のレポートは追々UPしていきますね。

紅葉トップと左の写真は、本日の朝の散歩のショットです。小雨が降っていましたが、曇り空にも鮮やかに映えます。ここ数年来、一番綺麗に長く紅葉している気がします。左の写真は、シャッターを切る瞬間、路地から車が!「バックして」とも言えず・・・(笑)。


雨に濡れた黒いアスファルトに張り付いた葉っぱもまた、美しいものですね。上を見たり、下を見たりと忙しい散歩になりました(笑)。

さて、先週、長崎から上京していた友人と、アスタナガーデンのランチに行ってきました。ここはもう、すっかりお気に入りのレストランになり、何度となく足を運んでしまいます。お野菜をふんだんに使っていることや、味付けがそれほど濃くないせいか、ご年配の家族を連れた方も目立ちました。

⇒この日の美味しいメニューはこちら。
posted by AGI at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

PICO(東京都世田谷区・東急東横線 自由が丘)

PICOのにんにくスープパスタ

先日、所用にて久々に自由が丘へ。地元に住む友人と久々に会って遅いランチをご馳走になりました。m(__)m
PICOの入口はこじんまりとしていますが、奥行きがあってカウンターやテーブルが仕切られていて、落ち着くお店でした。

この日はマッシュルームとトマトソースのピザと、友人絶賛の「にんにくスープパスタ(写真)をいただきました。このスープパスタはハーブがきいた、あっさり塩味にトマトソースが浮かんでいて、かき混ぜていただくというものです。薄切りのにんにくがたっぷり入っています。

このスープにトマトソースを溶かすと、絶妙な酸味と程よい辛さが広がります。細麺なので、お箸でズルズルっといただけてしまう感覚ですね(実際、テーブルにお箸も用意されています)。「うま〜い、うま〜い♪」を連発して食べる私(笑)。このスープはリゾットにもいいですね。友人いわく「風邪防止にも」とのこと、これからの季節にぴったりなのではないでしょうか。かなーり、にんにく臭くなるのは必至ですが(^-^;;、それでも食べたい!クセになる一品でした。

コツはパンチのきいた、ピューレ状のトマトソースにあるとみた。
この週末、トライしてみようかな。(^-^)
posted by AGI at 17:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ヴィコレット(東京都世田谷区・東急目黒線 奥沢)

カボチャ

先日、朝から夕方まで続いたヒジョーにしんどい打合せをのあと、ゲッソリしながら最後の打合せ場所に向かいました。そこでクライアントでもあり友人でもあるM氏に会って、ほっとひと息・・・。持つべきものは、友ですね〜。m(__)m

たまたまスタッフも近くで仕事をしていたので落ち合って、軽く打合せして帰ろう・・・と路地をふと覗くと、なんともそそるイタリア国旗とかわいらしいエントランスが。ヴィコレットというお店です。もうこうなったら直行ですね(笑)。

外は冷えていたので、中の暖かさとマダムの優しい笑顔で、すぐに寛げる空間に溶け込みました。ハロウィンにちなんで、各テーブルにはかわいらしいミニカボチャがディスプレイされていました。さて、写真でも・・・と思いきや、嗚呼!カメラ忘れた!!!! ということで、写真のカボチャは自分家のデスクに飾ってあるカボチャです。m(__)m

メニューは基本的にコースのみですが、アラカルトで生ハムと野菜のサラダと、チーズの盛り合わせ(3種)を出していただきました。

⇒驚きの野菜とは!?
posted by AGI at 15:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

高砂(蕎麦屋・青森県弘前市)

高砂の天麩羅

高砂入口実家に帰ると必ず行くお蕎麦屋さんが、高砂(たかさご)です。入口は古くて趣があり、老舗の誇りを感じさせます。私が好きなのは店内奥の座敷で、小さな庭を望む縁側の2卓だけの特等席。夏から秋にかけては心地よい風に吹かれてお蕎麦をいただけます。今回は、ともに蕎麦好きのカレシを連れて行ってきました。

ほとんどの人がオーダーする「天ざる」か「てんぷら蕎麦」には、写真のようにでっかい海老の天麩羅が2尾ついてきます。ここの海老天には昔からパセリと蕎麦を海苔で包んで揚げた「蕎麦かりんとう」のようなものが添えられていますが、今回はパセリが大きすぎて、天麩羅が小さく見える?!(爆)

ここの海老は肉厚の大きなものを開いて揚げてあるので、ものすごいブリブリの食感です。多くの人が天ざると天麩羅蕎麦を頼むので、天麩羅だけを揚げる職人さんもいると聞いたことがあります。ちなみに蕎麦屋にはつきものの日本酒はありません(T_T)。っていうかご飯ものなど、お蕎麦以外のメニューはありません。(^-^;;

⇒ お蕎麦はこんな感じです。
posted by AGI at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

実りの秋

サフランの球根

この写真はサフランの球根です。昨日、スタッフミーティングの後、多摩センターのグリーンライヴセンターに寄ったときに展示されていました。料理用となる赤が鮮やかな雌しべや、綺麗な紫色の花びらからは想像できない、ずんぐりむっくりな球根が、なんだか愛らしく感じました。

昨日のミーティングは、ここ2ヶ月ですでに3回目のアスタナガーデンのランチをかねての、おいしいものに。このところの慌しさや、予定の大きな変更などでかなり磨り減ってた神経も、実際にスタッフと会って打ち合わせると、思ったほど深刻な問題ではなかったり、また別の解決法が生まれたりと、やはりメールや電話では得られない「何か(it)」があるように感じます。

アスタナガーデンのランチはとにかく混む! 前回同様、昨日も前半(11:00-)のランチを予約して行ったのですが、12:00には満席でした。行かれる方は、ぜひご予約をお勧めします。土曜日だったせいか、後半の13:00-のほうがまだ少し余裕があるようでした。でも店内が広々しているので、混んでいても隣のテーブルが気になるということはまったくありません。

お料理をほどほどいただいたら、デザートやコーヒーはソファ席に移動をして、ゆっくり楽しむことができます。打ち合わせの続きをしながら、ついついもう1杯、ワイン飲んでみたくなるな〜という気分にさせます(?)。レストランエリアとちょっと離れたくつろぎのコーナー、床から天井までのガラス張りの店内から、ゆっくりとした雲の動きを見つめながら秋を感じました。お料理も打ち合わせも実りあるものでした、ね。

⇒この日のお料理はこちら。
posted by AGI at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。