2011年06月27日

第9回ヨーガ療法学会 in 札幌 無事終了!

DSCF9379.jpg
大変ご無沙汰しております。
震災後、いっさい記事を更新していなかった事情の一つが、札幌のヨーガ療法学会開催の実行委員として、奔走していたことがあります。

過去5年間、毎年各地の学会に参加していましたが、今年は当地での開催とあり、仕事も家事もちょっと棚上げにして、ここ3カ月以上パワーを集中させておりました。

お陰様で、25日(土)の学会には予想を上回る数の参加者をいただき、当日参加も増えたことで、途中で会場の椅子が足りなくなり、急きょ補充したほどでした。
遠方からもたくさんの方に来ていただきました。海外からの参加者もおりました!
みなさん、ありがとうございました!

学会のオフィシャルサイトでは、実行委員がみんなで記事を更新していますので、そちらもぜひご覧ください!
http://nord-yogatherapy.seesaa.net/

トップの写真は、学会終了後、労をねぎらってくださった方からの花束と、帰宅してダーリンと共にプチ打ち上げをした時のシャンパンです。お花とも色味がバッチリ合っていて、嬉しかったです〜。

yoga2011.jpg

実行委員のみんな、お疲れ様でした〜。
posted by AGI at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

第8回日本ヨーガ療法学会研究総会(石川県立音楽堂コンサートホール)

DSCF8418.jpg

7月2日、翌日の金沢での研究総会に出席するために、20年ぶりに彼の地を訪ねて行きました。1日1便の直行便もあるのですが、どうしても仕事の折り合いがつかず、昼過ぎのフライトで、羽田乗り換えで向かいました。羽田での乗り継ぎ時間も30分程度と、テンポよく飛行機、バスなど乗り継いで、無事に金沢のホテルに着いたのが、夕方5時過ぎ。

ホテルは、金沢でもたぶん一番新しい「ホテルリソルトリニティ」。なんでこのホテルにしたかというと、札幌の会社近くにも系列ホテルがあって、良さげだったから(笑)。急いでいたこともあって、珍しくホテルの写真なし。ただ、15平米というこじんまりさを感じさせないほど、機能的な部屋でした。

やはり新しいだけあって、最近のシティホテルの小型版といったところでしょうか。女性を意識した作りになっていました。近江町市場のすぐそばなので、便利はよかったです。ホテルの正面はドトールコーヒー、数10メートル離れたところにスタバ。コンビニも近くにあります。金沢駅までは徒歩15分ぐらいかな。

⇒感動の学会
posted by AGI at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

第7回日本ヨーガ療法学会研究総会(沖縄コンベンションセンター)

DSCF6150.jpg

4月25日(土)に開催された沖縄の学会へ行ってきました! 今回こそは、余裕を持って出かけるはずが、仕事のスケジュールが前倒しになって、またもや寝不足状態で出発となりました。(^-^;; 札幌は数名の同期生や先輩方と同じフライトで、気分は何となく修学旅行?(^-^)v トップの写真は、会場となった沖縄コンベンションセンター外観です。


⇒学会詳細はこちら。
posted by AGI at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)20回目【卒論提出】最終回

rimg0015.jpg

3年間の学びを終えて、無事に卒業しました。
この3年間、前期講座は東京で、後期の2年は札幌で受講したのですが、今思うとどの回もすべてがパズルのひとつひとつのパーツのような気がして、どれもなくてはならない「経験」だったと、強く感じています。

でも実際、最終回を終えてみても、まだ実感がありません。
きっとみんな沖縄のポスターセッションを控えているからかもしれませんね。

トップの写真は、最終回の講座の朝に見事に咲いた、スウェーデン・カクタス。「この子」、我が家ではサボテンの「サボ」と呼んでいます。前回の記事にも書いたのですが、買ってからほんとに生育が良くなく、いっぱい付いていた蕾も開花することなく干からびて、ミイラ寸前だったり、風に飛ばされて鉢から脱出してしまったこともあったのですが、幾多の困難を乗り越えて、私のような飼い主のもとでも、こんなにきれいに咲くほど育ってくれて、感謝感謝です。

卒業の日、サボの花束をもらったような嬉しい気持ちで出かけることができました。

⇒最後の講義はこちら。
posted by AGI at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)19回目【卒業試験】

DSCF5796.jpg

トップの写真は、もうすっかり終わってしまった雛祭りに買って食べたあられ・・・。思えばもう1か月以上もブログを更新しておりませんでした。m(_ _)m

3月3日の雛祭りの日にヨーガ療法士の卒業試験を終え、翌日から3日間の東京出張へ出かけ、帰ってきてからは東京のプロジェクトのフォローアップと、札幌の新規企画の準備に追われ、あっという間に現在に至っております。この間の日曜日は、やっとのんびりしてリフレッシュできたので、またがんばります。

東京出張中のあれこれは、また別の記事でご報告することとして、何はともあれ、やっと終わりましたよ。卒業試験が〜。

⇒嗚呼、卒業試験!
posted by AGI at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)18回目

DSCF5678.jpg

この週末は、札幌市内は凄い雪でしたね。土曜日は朝一で駐車場の雪かきをしました。普段は、足手まといになりながらもダーリンを手伝っているのですが、今回は初の単独雪かき(笑)。威張るほどじゃありませんが、がんばりました。雪が軽かったのが幸いで、1時間ほどで納得のいく「かき上がり」となりました。それにしても、汗だくで髪の毛が凍って、つらら状態になったのは驚きました。今度は雪かきの際のヘアスタイルも考えなくちゃ(笑)。

DSCF5674.jpgトップの写真は、先週から開催されているさっぽろ雪まつりの「大氷像 箱館奉行所庁舎」の屋根の部分。青空に映えて綺麗でした。大きさは左の写真をご覧いただくと、左端のステージ設営をしている方の大きさと、比較して想像できるかな?



⇒ 今回のYTIC講座
posted by AGI at 10:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

謹賀新年&第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)17回目

DSCF5413.jpg

みなさん、あけましておめでとうございます。お正月休み、いかがお過ごしですか。札幌は予報を裏切るほどの暖かい元旦でした。終日雪が降ることもなく、日差しが降り注ぎ、午前中はストーブを消したほど。今日は久々のお寝坊さんでした。気が付いたら8時半! 昨夜はヨーガ療法士の卒業試験を受ける夢を見ました・・・ってことで、新年最初の記事は、リポートが遅れていた12月の講座です。(^-^;;

ところで、トップのお花はスウェーデン・カクタスです。安い小鉢を買ってきたところ、あまり生育が良くなく、一時は瀕死の状態だったのですが、室内の日当たりの良いコーナーに置いておいたら、なんとも見事なお花を咲かせてくれました。咲いたのは、ちょうど窓側に向いているリビングからは死角になっている株だったので、掃除の時に偶然発見するまで、まったく気が付きませんでした。花の少ない冬に、パっと心が明るくなるような色ですね。

⇒12月のYTIC講座
posted by AGI at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)16回目

DSCF5181.jpg

トップの写真は、北大のポプラ並木です。10月5日に撮影したものなので、空もまだ秋らしいですね。ここは数年前の台風の後、弱っている木の倒木の恐れががあるため、立ち入り禁止となっています。通り抜けはできないので、遠くからのショットです。右下に見えるのは、トウモロコシ畑。これに比べると、どれだけポプラが大きいかわかりますね。大空に腕を広げてすくすくと伸びているような印象がありました。成長ってすごいな!

⇒11月4日のYTICの報告です。
posted by AGI at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)15回目

DSCF5013.jpg

9月後半から、時間にまったく余裕がなくなり、更新が滞ってしまいました。m(_ _)m 気がつけば10月。仕事が忙しかったのもさることながら、プライベートでも行事が目白押し。ネタはあったので、また季節はずれの(笑)更新を追々していきます。m(_ _)m トップの写真は真っ赤なナナカマド。公園や道端で、青空によく映えるのを見上げてしまいます。

⇒ 昨日はヨーガ療法士の講座でした。
posted by AGI at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)12回目&13回目

DSCF5008.jpg

8月はまさに駆け抜けて終わった感があります。気がつくともう9月。オーム瞑想法のレポートがやっと終わって、この週末は何だか脱力状態です。(^-^;; 7月は講座が月始めと月末にあり、すっかりブログでの報告が遅くなってしまいました。m(_ _)m 今回は2回分、まとめてご報告します。

さて、トップの写真は、手稲区にある前田森林公園です。今朝は曇っていましたが雨はなんとか降らない予報だったので、早朝散歩に出かけて撮影したものです。
DSCF5001.jpg DSCF5004.jpg
公園には全長600m、幅15m、水深30cmのカナールがあるのですが、風のない日は見てのとおり、鏡のように景色を映します。じっと見ていると、どちらが本物かわからなくなるほどの美しさに、引き込まれそうでした。ちなみに、この公園は藤棚でも有名です。今年の藤棚はこちら。

⇒ それでは、講座の報告です。
posted by AGI at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)12回目

DSCF4419.jpg

トップの写真は、先月いただいたミヤコワスレです。半月以上たったのに、まだ元気いっぱい咲いてくれています。暑い日に、きりりとした紫が、目にも心地よく感じます。さて、一昨日はYTICの講義の日でした。学会直後でしたが、今回は早めに宿題も終わらせておいたので、珍しく余裕がありました(笑)。

■■7月1日(火)開催■■
テキスト:「リウマチ・関節炎とヨーガ療法 理論編」、「関節/筋肉系心身症とヨーガ療法」、「カウンセリングQ&A2(講義資料)」

今回の講師は、木村慧心先生です。午前中はリウマチ・関節炎とヨーガ療法についての講義、仙台学会の報告、先日巡礼されたインドの写真を見ながら、お話を聞きました。

ランチ後は最後のオーム瞑想法の測定です。今回の計測を持って、9月の中間発表のレポートを作成します。YGテスト、健康自己診断も行います。

その後、前回に続き3回目のカウンセリングの実習です。前回同様、カウンセラー、クライアント、観察者を3人ひと組で、交替でロールプレイをします。回を重ねるごとに、短い時間の瞑想で、自分の体験を振り返るこつがつかめてきたようです。

このカウンセリングでは、今回お話しするテーマの説明(シュラバナ)をカウンセラー役が1、2分ほど話します。その後、テーマについてカウンセラー役、クライエント役が一緒に3〜5分ほど瞑想(マナナ)します。先にカウンセラーの体験を1、2分程度で話し、次にクライエントが自分の体験を5〜10分程度話します。

これらを、カウンセラー、クライアント、観察者の立場から、
・無防備度
・共感性
・受容性
・間(ま)のとりかた
・理解力
・熱意

の項目で、各10点満点で採点していきます。今のところ、採点結果は公開していません。カウンセリングはマニュアル通りに進みませんし、パターン化できない難しさがあります。またそれがチャレンジでもあり、大いに勉強になります。自分の体験を話して、クライエントとの共感性を高めたりすることは、意義があると思いました。

次回は7月29日(火)です。今月は2回も講義があるので、宿題を急がなくっちゃ!(^-^;; 前日の7月28日(月)は、一般参加が可能な木村先生の特別研修会があります(9:00〜11時半)。内容は、ラージャ・ヨーガ、アーサナ、プラーナーヤーマ、瞑想の予定です。詳細は日本ヨーガ療法学会にお問い合わせください。
posted by AGI at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

日本ヨーガ療法学会第6回研究総会 in 仙台

DSCF4485.jpg

6月28日(土)に仙台国際センターにて行われた、日本ヨーガ療法学会 第6回研究総会に出席するために、27日から2泊3日で仙台に行ってきました。まずは、仙台で実行委員として活躍されたスタッフの皆様、ボランティアの皆様、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

大会のテーマは「感性と科学の融合」です。大会当日は、およそ1000名の方が参加したと報告がありました。今回は、聴講というよりは、仙台スタッフのお手伝いとして、Tシャツとクリアファイルの物品販売のお手伝いがメインです。札幌からは10名が仙台入りしました。3年後の札幌大会の参考にするべく、舞台裏を拝見させていただきました。m(_ _)m

DSCF4487.jpg DSCF4493.jpg
写真左は、仙台国際センターの外観。立派な建物です!右はホールの七夕飾り。

⇒ 大会の模様
posted by AGI at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)11回目

DSCF4155.jpg

トップの写真は、先日鉢植えで買ったカシワバアジサイです。以前東京に住んでいたころ、多摩市グリーンライブセンターで見てから、大好きな花になりました。

■■5月13日(火)開催■■
テキスト:「腰痛とヨーガ療法 理論編」、「心音共鳴法」、「カウンセリングQ&A(講義資料)」
今回の講師は、木村宏樹先生です。午前は腰痛をきたす疾患、治療法の講義を聞きました。講義に織り交ぜて、木村先生の「患者が知らない医療の現場」の裏話がおもしろくも恐ろしくもあり、大変参考になりました。

こんなご時世だから、健康こそが最高の財産だなぁと実感しました。自分のペースで、しかもタダでできてしまうヨーガ・セラピーは、長く続けてこそ、その価値が実感できるような気がしました。

ランチのあとは、まずは3回目のオーム瞑想法の測定を行いました。
その後は心音共鳴法(Mind Sound Resonance Technique:MSRT)の実習です。MSRTとは、アウンの音やマントラを体に響かせ、その音のバイブレーションと余韻により、深いリラクゼーションを誘うものです。音は長く続けるのではなく、自分のトーンとペースで、体に響かせるのが目的です。

実際に声に出すのを「アーハタ音」と言い、無音を「アナハタ音」と言います。これを交互に繰り返すことで、驚くほどリラックスできました。その後、アファーメイション(前向きな宣言:テキストでは「誓い」とあります)を何度か無音で繰り返し、終了します。「リラックスして、寝ちゃうよ〜」と聞いていたのですが、はい、やっぱり寝ちゃいました。(^-^)ゞ

自分のバイブレーションも心地よいのですが、他の方のアーハタ音も外から響き、これもさらに眠気を誘う要因に・・・。(^-^;; 深いリラックスの中で繰り返すアファーメイションを終えた後は、体も心もすっかり前向きになりました。音の力ってすごいなぁと思いました。

すっかりリラックスした後は、前回に続き2回目のカウンセリングの実習です。前回同様、カウンセラー、クライアント、観察者を3人ひと組で、交替でロールプレイをします。このパターンが、今後ずっと続いて、カウンセリングの実習を重ねることとなります。

⇒ こんなこともありました。
posted by AGI at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)10回目


■■4月1日(火)開催■■
テキスト:「腰痛とヨーガ療法 理論編/実技編」、「姿勢矯正とヨーガ体位法」、「カウンセリング実習法」

いつもは午前中に講義、午後は実習なのですが、この日は最初にオーム瞑想法の測定から始まりました。班ごとに分かれて、実習前後の生理データ(血圧、脈拍等)を記録し、簡単にここ1カ月の近況報告をしました。この近況報告は、誰にどのような生活の変化があって、生理データの数値に影響したかというのを検証するためにも、ぜひとも「差し障りのない程度に」交換しておいたほうがよいと思います。

1時間半ほどの実習の後、ランチタイムまでは今回のテーマ「腰痛」へのアプローチのアーサナを実習しました。

⇒ランチの後はカウンセリング実習です。
posted by AGI at 10:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)3回目〜9回目

ヨーガ・カテゴリの更新が滞ってしまい、すみません。YICやYTICで検索して、このブログにたどり着いた方もたくさんいらっしゃると思います。少しでも内容が参考になりれば幸いです。

各回のレポートの前に、YTICのこれまでの感想を。
ヨーガの考え方を中心に学んだYICに比べて、YTICは医療の専門知識が中心となります。覚悟はしていたけど、ものすごいボリュームです。テキストはYICの時と同じ形式ですが、理論編、実技編とも厚いっ!(^-^;;当然、講座の時間内に全部は読みきれないので、あとは自分で読むしかありません。テキストの後半は、資料としての読み物や、症例報告などが多く載っているので、私は時間のあるときに目を通すようにしています。

YICとの大きな違いは、数回の中間報告の提出があることです。先日、初めての中間報告(内容は後述します)をしたのですが、論文並みのボリュームになります。私はYICの時の論文よりページ数が多くなりました。このまとめ方は、先輩方のサンプルを見せていただけるはずなので、あらかじめ様式をしっかり把握しておくことを、お勧めします。

中間報告の提出とともに、パワーポイント(以下、PPT)を使った10分間のプレゼンテーションもあります。中間報告の内容を、スライド10枚〜15枚程度にまとめて、班内でひとりずつ発表をしました。PPTを使ったことのない方には、ちょっとハードルが高く感じられるかもしれませんが、これはぜひ、がんばって覚えておいた方がよいです。札幌では、有志が集まってパソコン教室を何度か開催しました。ノートパソコンを持参していただいて、知識のある人がマンツーマンで教えるという、少人数制のものです。中には、これまで宿題などの提出物はすべて手書きという方もいましたが、中間発表までに立派なスライドを作れるようになりました! PPTの知識のない方は、早めに習得しておくと、あとが楽になります、ほんと。

あと、これは私の班で独自に行ったものですが、中間報告用のデータを交換するのに、メーリングリストを利用しました。講座日当日に提示できなかった方や、お休みになった方などには、けっこう重宝していただきました。質問や意見交換などもできるので、お勧めです。

それにしても、振り返るとYICで学んだことは、ちゃんとYTICに反映されるようにできているのだ、と常々感心させられます。今回の中間報告や、毎回の宿題で一番参考になっているのは、自分で書き上げたYICの宿題や卒論でした。

というのも、当時調べた内容や参考文献は、すべてペーパーに載せてあるので、どこの何を参照すればよいのか、すぐにわかるからでした。YICの宿題を泣きながら(笑)書いていた頃を思い出して、懐かしくなりました。

⇒では、各回のレポートへ。
posted by AGI at 15:29| Comment(9) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)2回目

紫陽花

トップの写真は、近くの公園に咲き始めた紫陽花です。札幌の春〜初夏のスピードは、東京よりも速いような気がします。もっとゆっくり花を楽しみたいというのは、ワガママなのかなぁ。

では、YTICのレポートです。

■■7月3日(火)開催■■
今回も前回に引き続き、講師は木村宏樹先生がご担当です。生理学と解剖学の本に『心身医学標準テキスト』も加え、大変ボリューム満点の講座となりました。

『心身医学標準テキスト』は、つい先日行われた福岡のヨーガ療法学会で大会長を務められた、久保千春先生が編集されたものです。専門書ですが図表も多く、とてもわかりやすく読みやすい本です。

糖尿病、肥満、高血圧、心臓疾患、アレルギーなどの免疫疾患など、多くの疾患を生理学的側面と心身医学的側面両方から解説していただきました。
今回も実技や実習なしで、講義のみでした。もちろん、宿題もバッチリ出ました。(^-^;;

次回は9月4日(火)です。

⇒今週はヨーガ三昧。
posted by AGI at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

第5回日本ヨーガ療法学会研究総会リポート(福岡県)

0630_01.jpg

第5回日本ヨーガ療法学会研究総会が、6月23日(土)、24日(日)と、福岡県は天神にあるアクロス福岡で開催されました。日曜日は市民講座が開かれ、大変な盛況だったようですが、私は土曜日の研究総会のみの参加となりました。去年の名古屋に次いで、私にとっては2度目の学会参加です。

⇒詳細報告はこちら。
posted by AGI at 11:23| Comment(5) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)1回目

■■5月1日(火)開催■■
前期のYICを東京で終え、後期は心機一転、札幌で受講をします。札幌の講座は、JR札幌駅近くの研修室にて行います。参加者は16名ほどです。

第1回目は、医師である木村宏樹先生の生理学と解剖学の講義です。木村慧心先生も来札されていて、最初にご挨拶をしていただき、すぐに次のお仕事に向かわれました。YICでは午前は講義、午後は実習と講義のパターンでしたが、今回は朝から夕方までずっと講義のみ。学生時代に戻ったようでした。(^-^;;

今回のテキストは、市販の生理学と解剖学の本を使用し、YICで配布されたようなテキストは使用しませんでした。これらの本と、パワーポイントのスライドを使って、ポイントを押さえて講義をしていただきました。

体の正常な働きを理解するための生理学と、体の構造を理解するための解剖学をセットで解説していただくと、あらためて身体の摩訶不思議なメカニズムに感動させられます。

YICの時は毎回配布されるテキストに直接メモを書き込んでいましたが、今回は先生のスライドをノートに写したり、大事なことを聞き逃すまいとメモをとっていたら、ノートはあっという間に10ページも書き綴っていました。まだ頭の中が整理できていませんが、充実した1日でした。

それにしても木村先生、ドクターなので当たり前かもしれませんが、すらすらと専門用語を解説してお話しされる、立て板に水の講義は、朗々とした歌のように耳に心地よく感じられました。(^-^)
もちろん宿題も出ましたよ〜。課題はいつものように3題ほど。でも今回はテキストとノートのおかげで、何とかなりそうです。(^-^;;(た、たぶん・・・)

第2回目は7月3日(火)の予定です。
6月23日は福岡でヨーガ学会があるのですが、私も参加する予定です。

日本ヨーガ療法学会

⇒YICの説明会も参加しました。
posted by AGI at 14:24| Comment(8) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

第5期ヨーガ療法士養成講座 10回目(卒業試験)

■■2月24日(土)開催■■
約1年間がんばったヨーガ療法士養成講座(YIC)もこの日が最終日。

朝の受付時に卒論を提出し、午前中は休憩をはさみ筆記試験です。ランチの後は、班ごとに分かれて実技試験を行いました。

全国の開催地では、まだ試験が行われていないところもあるので、詳しい内容についてはお話しできませんが、筆記試験は試験官の方いわく「隣の人の答案以外は、何を見ても結構です」ということで、テキストから参考文献まで、何でも持ち込み可能でした。・・・と安心したものの、テキストもどこに何が書いてあるかがわからなければ、結局探しまくる羽目になるんですね〜(^-^;;。

ちょうど卒論のためにギリギリまでテキストに目を通していたおかげで、多少は記憶にあったものの、やはり自分なりにポイントをまとめる程度はしておいたほうが良かったかな〜と思いました。

午後の実技は、5人程度の班に分かれて行います。これが思った以上にリラックスできて、とくにうちの班はマジメにやっているんだけど、なぜか笑いが途絶えず(笑)。やさしい試験官の先生のおかげで、のびのびできました。実技のテキストも持ち込みOKでした。

それから、友人知人のみなさまにご心配をおかけした卒論ですが、自分なりに書ききることができました。m(__)m「卒論」と思うとあまりにも重く感じるので、「1年間の自分なりの集大成」と割り切ってから前に進めました。

私は卒論のテーマがなかなか決まらなかったのですが、「これがいいかな〜」「あれにしようかな〜」と悩んでいるときから、ボチボチと参考文献や資料を集めておいたので、いざ書き始めてからは、一気に進みました。

「謝辞」は最後に書いたのですが、短い文章の中でこの1年が思い出され、涙が止まらなくなりました。遠方から毎月、泊りがけで通ってきた同じ班の仲間や、家族に病人を抱えながらも、みんなの協力を得て休まず通ってきた方、障害がありながらも明るく前向きに取り組んできた方など、がんばっているみなさんの姿にどれだけ励まされた1年だったことか。

みなさん、本当にこの1年お疲れ様でした。東京YIC卒業生のみなさんとは、今後は学会などでお目にかかることもあると思います。私は来月引っ越すので、後期のYTICは札幌で受講します。これからも、講座のレポートは続けますので、よろしくお願いします。m(__)m


日本ヨーガ療法学会
posted by AGI at 07:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

第5期ヨーガ療法士養成講座 9回目

■■1月27日(土)開催■■

この日は講座としては最後の日。
テーマは「ヨーガと教育」と「ヨーガ統一の理論」です。ヨーガを教育プログラムに取り入れた場合の知覚能力測定の結果や、筋力数値の変化などを論文から抜粋した内容を解説しました。

宿題は前回で最後と思いきや、今回もしっかり3つの課題が出ました。卒論プラス宿題かーーー! やられた〜!(≧∇≦)

今回重きを置くのは、なんといっても来月に控えた卒業試験(実技)の総復習です。午後はずっと各班に分かれて、テストの課題となっている実技(ブリージング・エクササイズやアーサナ等)をやりました。これまでのテキストをすべて持参してみると、この1年でずいぶんと学んできたなぁとしみじみすると同時に、忘れていることがあまりに多く、自分の記憶力低下に唖然・・・(T_T)。

でも班の皆さんと、あーでもない、こーでもないと話しながら復習するのはとても楽しく、試験の憂さも晴れた気がしました。木村先生が、「来月の試験は、みなさんのテストというよりも、私たちがこの1年でどれだけ教えることができたか、私たちのテストでもあるのです」とおっしゃり、何だかジーンとくると同時に、プレッシャーを感じたりして。(^-^;;

卒業試験は2月24日(土)です。午前中は筆記試験、午後は実技の試験です。卒論は講座の始まる前が提出期限となります。すでに提出済みの方もいるので、私も後に続きます!(^-^)v がんばりましょう〜。
posted by AGI at 12:49| Comment(8) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。