2009年11月10日

ショウガのパワー!

DSCF7001.jpg

トップの写真は、先週末の日曜日の北大イチョウ並木。すっかり葉も落ちて、今はイチョウの黄色、紅葉の赤、芝生の緑が、綺麗なコントラストを放っています。ダーリンと散歩していると、えもいわれぬ臭いが・・・(^-^;;。

そう、ギンナンの潰れた臭いです。まさにウ○チをホーフツとさせるあの臭い、あの綺麗なイチョウと、ギンナンの殻を割った実の鮮やかな緑からは、想像できませんね。と言いつつも、落ちているギンナンをひとつふたつ拾っているうちに、「あ!あっちにも!」「あ!ここにかたまって落ちてる!」はては風が吹いた後に木から落ちてきたのを夢中で拾う私たち・・・。ギンナンハンターたちが夢中になるのが、良くわかった気がしました。

ギンナンは、拾ってもすぐに食べられないので、土か水に10日ほど漬けて、まわりの臭い実を腐らせます。うちではベランダの鉢の中に入れて土をかけておきましたが、さぁ、どうなることやら。10日後をお楽しみに♪

白樺も紅葉に映えますね。そろそろ、秋も終わり、明日頃からお天気は下り坂。また札幌でも雪になりそうです。
DSCF6999.jpg DSCF7000.jpg


⇒体ポカポカ、大好きなショウガのパワー!
posted by AGI at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

「まったく健康そのものです」

「借金で首が回らない」「胸を突き刺すような言葉」「人間関係に胸が痛む」「腹が煮え繰り返る」「耳が痛い話」などなど、辛い状況と身体を結びつける譬えは昔からたくさんありますね。まさに、心の痛みが身体に現れることも多いということですね。

5月の半ばあたりから、懸案になっていた仕事の話が一気に動き出して、あれこれ決断することも増え、プレッシャーに耐えてるな〜(^-^;;と我ながら心と身体を客観的に見ていたのですが、右耳がほとんど聞こえなくなったり、今までにない部位が痛んだりと続いたため、10日ほど前、定期健診以外では数年ぶりに病院に検査に行ってきました。

レントゲン検査ではどこも異常が見られず、聴診器でも「雑音がないし、正常です」という診断。念のために受けた血液検査の結果を今日聞きに行きました。

結果はどの数値も基準値の平均以下で、中性脂肪は下限より低く、先生も大満足の結果(笑)。「まったく問題はみあたりません。健康そのものです」との太鼓判を押していただきました。それにしても見事なまでの優等生的な数値に私もびっくりです。

そうそう、2004年の10月の定期健診で、先生もビックリの血清鉄は基準値に戻りました。(^-^;;

でも、健康の指標が数値だけじゃないのは、ヨーガを学び始めてから、すごく実感しています。今回のヨーガの講座の宿題も、「健康とヨーガ」がテーマ。私ったら、身をもって体験しているな〜(笑)。

今回検査を受けた最大の目的は、不安要因をできるだけ早くなくすためでした。がんなどの重大な疾患がないことがわかれば、この症状は心身症だと断定できるし、それなら自分なりの対処ができるというもの。何か悪い病気じゃないかと不安に思いながら病院にも行かず、回りに心配をかけるのが、いちばん健康に良くないと思うのです。こういう人に限って、「病院に行くヒマがない」を口実にするんですよね。でも私はそれが嫌でした。

おかげでレントゲンで異常が見つからなかったので、それ以後はストレスケアを重点的にすることで、症状も無くなりました。なにより「安心感」が身体の大きな栄養になったようです。

不安な気持ちをそぎ落とすことで、プロジェクトに向かう意欲も新しいアイデアも湧き出るようになりました。お蔭様で肝機能も、飲まない人並みのダイヤモンドの肝臓を維持しているのが確認できたので、安心して今夜もワインを楽しめます♪

ダイヤは磨かないと光らないといいますから(爆)。

品種はニコル

庭のバラが、またきれいに咲いてくれました。
posted by AGI at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする