2006年04月14日

エビのマヨネーズ和え

昨日は私の弟分のNNがランチに来てくれました。
彼はタイでIT関連の仕事をしているので、久々の帰国に話も尽きません。
ところが彼はまったくの下戸なので、昨日はお酒のつまみというよりも、ちゃんとご飯のメニューでした。

 ムール貝と厚揚げの煮びたし
 エビのマヨネーズ和え 水菜のサラダ添え
 桜海老のつまみ揚げ
 豚の角煮丼

何だかエビ三昧のメニュー(笑)。

エビマヨ♪

エビマヨは得意レシピのひとつ。
先日の桜の会でも作りました。エビのプリプリ感が命です!

桜海老のつまみ揚げ

桜海老は愛媛産のもの。かき揚げにしようと思ったんだけど、指でつまんで一口大にしてみました。
浅葱の小口切りと、新ショウガの千切りも混ぜると彩りも綺麗。
小さいせいか、スナック感覚で食べちゃって止まらなくなりそう!
もちろん熱々をお塩で♪

豚の角煮は五香粉(ウーシャンフェン)をちょっぴり効かせて中華風にしました。
残った角煮は煮汁ごと冷凍にしておいて、シューマイを作るときに粗く刻んで入れると、脂もほどよく馴染んでおいしさが大幅にUP! 中華料理店のシュウマイに近づきます♪

⇒ エビのマヨネーズ和えレシピ
posted by AGI at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

たけのこダンゴ

朝掘りのたけのこが、店頭に並ぶようになりました。
穂先がおいしいのは言うまでもありませんが、私は茹でたての姫皮をお塩で食べるのも大好き!
少〜しエグ味が残るけど、ほろ苦い春の訪れ(?)がまたおいしいのです♪

でも、根元の部分って、結構余っちゃうことありませんか?
煮物や炒め物も続くと飽きちゃうし・・・って時に、ちょっと目先を変えて、たけのこダンゴを作ってみませんか?

白玉粉と、残ったたけのこでできちゃうので、とても手軽です♪
揚げたてをお塩で食べてもおいしいけど、春先の寒い日には、とろみのある濃いおだしでいただくと、ちょっと料亭の味になるかも!?

写真の真ん中は断面図。粗みじんのたけのこの食感と、白玉のモチモチが感が絶妙!

フワフワたけのこダンゴ♪

やっぱり揚げたてが1番おいしいけど、翌日になってもチンすると柔らかくなります。
でもちょっとしぼんじゃうかも・・・。(^-^;;


⇒ たけのこダンゴのレシピはこちら
posted by AGI at 11:53| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

手毬寿司で愛でる「桜の会」

先週は土曜日のお昼から、この時期恒例の「桜の会」を開催しました。早起きをして、一気にお弁当作りをする気合と集中力!! これが仕事にも反映されればいいのだが!!(笑)前日までの仕事のストレスが吹っ飛ぶほど、ウキウキした朝でした。

メンバーはいつものワイン好きの4人。今年はみんなの都合が何とかうまく合ったのと、桜が満開の時期に重なったので、せっかくだからアウトドアでの会となりました。アフリカで仕事をしているMちゃんも運良く帰国していて、久々の再会に話しも弾みました。

会場は多摩センター駅から徒歩10分ほどの、富士見通りという多摩の桜の名所です。この日は風もなく晴天で、満開の桜の下、大きなピクニックシートを敷いて、ワイングラスを出して、さぁスタートです!今回のお弁当メニューはこちら。

イチゴ
ムール貝とパプリカと玉ねぎのマリネ
中華風地鶏の唐揚げ
シャケの味噌漬け 柚子胡椒風味
エビのマヨネーズ和え
里芋の煮っころがし
レタスのサラダ
カマンベールチーズ
手毬寿司3種
 真鯛の昆布じめ寿司
 ひつまぶし(鰻ご飯)
 筍ご飯

真鯛の昆布じめ寿司♪

鰻と筍の手毬♪

お弁当のいいところは、好きなときに好きなものを、お好みで♪だよね〜。
しかもシェフは一度作ったらキッチンに立つ必要もないので、あとはのんびり飲んでいられます(笑)。
気合を入れすぎて作りすぎたかな・・・と思ったんですが、みなさん残さず食べてくれて、嬉しかったです!

ワインはそれぞれ担当を決めて持ち寄りしました。飲んだワインはこちら。
乾杯にはお約束のジェイコブスのスパークリング、

続いてルイ・ラトゥールのシャルドネ、
060403_02.jpg

バロン・フィリップ・ド・ロッチルドのカベルネ、
060403_01.jpg

そしてトリを飾ったマルケス・デラ・コンコルディアの
テンプラリーニョ!
060403_03.jpg

いずれのワインも最高でした。テンプラリーニョはコックリ濃い目がすっごい好みで、褒めちぎったらMちゃんが1本くれました。(*^-^*)
いつもゴチになります。m(__)m

デザートにはMちゃんとOちゃん持参の桜餅や桜ダンゴももいただいて、桜の会は終了・・・とはいきません(笑)。近くには立ち寄り温泉があるので、夕方日が傾いてきて冷えた身体を温めなきゃ!ってことで温泉にGO! 1時間あったまったら、「やっぱりビールでしょ」ということで温泉の休憩所の座敷で二次会になだれ込み。(^-^;;

いやぁ、久々に丸1日の休みを取って、リフレッシュして前日までの疲れもどこかに吹っ飛びました。(^-^)v なんだか遠足気分だったね。参加者の皆さん、ほんとにありがとね♪
⇒ 手毬寿司のコツはこちら♪
posted by AGI at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ブリ大根と雑穀ご飯

関東は花冷えですね。この寒さで桜の咲き具合も足踏み状態かもしれません。
こうなるとやっぱり温かいおかずで、一息つきたいものです。
ということで、今日はブリ大根。ブリの旬もそろそろ終わりだけど、今日は新鮮なブリカマがあったので、たっぷりの生姜と一緒に煮付けました。

ブリ大根♪

ブリの下準備は、ざるに入れて熱湯をかけて表面がサッと白くなる程度でOKです。
あとは出汁昆布とお酒、みりんなどを入れ、沸騰してきたらカマの身を下にして落し蓋をして、中火でササッと煮ます。火を消して、いったん落ち着かせてから、食べる前にまた火を入れ、煮汁を煮詰めるのがいいです。

私は大根はブリと一緒にしっかり煮付けるよりも、別鍋で昆布と塩で薄味で煮ておいて、仕上げにブリと一緒に煮含めるのが好きなので、大根自体はちょっと薄味です。(^-^)

ワインならシラーズが合うかな。ちょっとスパイシーな香りと、ブリの風味に負けないボディの強さが和食にもGOO!
寒い夜に、生姜のきいた煮汁が、ご飯にもピッタリです♪

ご飯といえば、雑穀を入れてお米を炊いているのですが、あれこれ試した中で、今一番のお気に入りがこれ。

★絶対お奨め★『お豆と雑穀ごはんの素』 1袋(30gx7袋)

白米で炊くと、ほんのりピンク色になって(たぶん黒米が入っているから)、とても綺麗です。「きび」や「あわ」も入っているので、ちょっとモッチリして、とってもおいしいの! 大麦、もちきび、もちあわ、、黒豆(大豆)、 緑豆、小豆、黒米、黒ごま アマランサスと、ぜんぶで9種類ほど雑穀が入っているので、歯ごたえも見た目も大満足です。

雑穀のブレンドのバランスもちょうどよく、スティック状になっていて、使い切りというのもお手軽です。雑穀特有の「臭い」もほとんど感じません。むしろ香ばしくて食欲倍増です♪ スーパーで見かけたら、是非お試しを♪
posted by AGI at 20:05| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

サーモンの柚子こしょう味噌漬け

昨夜の東京地方はもの凄い暴風雨でしたね。夜中に何度も目がさめました。
寝ていても、何処からか新鮮な空気が入ってくるような・・・これって隙間風か。(^-^;;

久しぶりにパンを焼きました。

焼きたてフランスパン♪

ふだんはどちらかというと玄米や麺類なんですが、パンは時々モーレツ(死語?)に食べたくなるんですねぇ。
で、愛器のツインバードのホームベーカリー(型番はPY-D532W)を出してきて、今日はフランスパンを一斤。
このベーカリーはモデルチェンジされてしまったけど、後機種はこんな感じ。



安くてコンパクトで、パンビギナーの私にも使いやすいです。
パンナイフで切ると、外側の生地がパリパリ音を立てて、耳にもおいしい予感!
中はザックリだけどふっくら仕上がって、焼きたてをバターだけでパクパクパクパク・・・止まりません。(^-^;; あとはこれにワインかなぁ(笑)。

昨日仕込んでおいた、サーモンの柚子こしょう味噌漬け(⇒Go! AGI Site Archives)を焼いてみました。少しマヨネーズを足して、レタスと一緒にはさむと、和風サーモンサンドの出来上がり♪
posted by AGI at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

自家製 切干大根

切干大根というと、お弁当の端っこに、申し訳程度に付いているお惣菜の代表ともいえますが、べチャットしていたり、味付けが濃かったりで・・・。(^-^;;
ところが、田舎(青森)の母が大根の皮を干して作る自家製は、歯ごたえもあって、味もよくしみるので、私もずっと作りだめして、1年中食べています。大根のおいしさが、ビックリするほど味わえます。

今日は簡単においしく作れちゃう切干大根の作り方をご紹介します。
大根おろしをするときや、煮物に大根を使うときに出る皮が、おいしい惣菜に大変身!

1.大根の皮は、かなり厚めにむきます。長さ6センチ、厚さ7ミリくらいがちょうど良いです。
2.写真左のように金ざるかプラスチックのざるに、皮目を下にして重ならないように並べます。
3.そのままお天気の良い日に天日干にして、写真右のようにカラカラに乾いたら、ファスナーつきビニール袋に入れて、冷凍保存します。
4.戻すときは、水に1時間ほどつけて、流水でもみこむようにして、よく洗います。
5.あとはお好みの味付けと具を入れて、じっくり煮含めます。

写真右は、お天気の良い日にまる1日外で干して、夜はガスファンヒーターのそばに3時間ほど置いて、完全に水分を飛ばしたものです(※暖房器具のそばに置くときは、プラスチックざるだと変形するので、要注意です!)。

切干大根作成中!

びっくりするくらい細くなっちゃうでしょ?(^-^)
東京の冬は、乾燥していてお天気の良い日は絶好の切干大根日和(笑)。暖房のそばに置かなくても、2日も外で干すとカラカラになります。

そのまま天日に干すとホコリが気になる方は、網戸用の網をざるの大きさより大きめに切ってかぶせ、四隅を洗濯バサミやクリップで挟んで止めるといいです。でも直射日光のほうが断然早く乾きます。

大根の皮に触ってみて、少しでも水分が残っていると、カビの原因になるので、必ずカラカラに干してくださいね。
ちなみに梅雨時はお天気が良くても、なかなか乾ききらないので、この時期だけは作るのに向いていません。m(__)m

切干大根の出来上がり♪

写真は、オーソドックスにお揚げと昆布で炊いたものです。白だしを使うと大根も茶色くならないので、綺麗に仕上がります。味付けを薄くして粗熱をとって、シラスや水菜と和えるとサラダ感覚でモリモリ食べられます♪

残った切干大根は、荒く刻んで汁気を除き、ご飯に混ぜたり、チャーハンの具にしてもおいしいですよ〜。
posted by AGI at 12:07| Comment(2) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

フリーマン キュヴェ・アキコ

昨日のホワイトデー、何かドラマはありましたか?(^-^)
私の知人は、社内の女性達にバレンタインデーのお返しにお菓子を用意したところ、同じ部署の先輩もまったく同じものを準備していたことが判明! 慌てて別の品を買いに走ったとのこと。お疲れ様でした。(^-^)

欧米では、バレンタインデーには恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束などを贈るようですね。
そんなバレンタインの日、私はカレシに「今日はさ、男性が女性にプレゼントする日でもあるんだよね」と、ワインショップにて切り出したところ、「どれかほしいワインでもあるの?」と聞いてくれました。

「ううん、別に」といいながら私の視線はしっかりと、棚の上のほうにあるフリーマン キュヴェ・アキコを凝視(笑)。誕生日でもないのに、こんな高いワイン買ってもらうの悪いなぁ・・・と一瞬だけ躊躇したものの、ご厚意には甘えるべし、という信念のもと、ありがたくいただきました。m(__)m

そこの店長さんもそのワインが好きなので、あと少し寝かせておいてもいいとか、抜栓は1時間以上前にしておいて、できればデキャンタージュしたほうがいいなどアドバイスをしてくれましたが、私の耳には届かず、とにかく早く家に帰って飲みたい一心でした(笑)。

フリーマン キュヴェ・アキコ

その日、ワインに合わせて何を食べたか忘れるほど、キュヴェ・アキコは素晴らしいものでした。フリーマンの実力のほどは知っていましたが、キュヴェ・アキコも「やられた〜」ってほど、おいしかったわけです。雑味がなく、さらりとしている品の良さ。普通の格好をしていても、品のいい人っているじゃないですか。そんな感じ。私にとっては「すごくカッコイイ」ワインでした。
こんなおいしいワインを、デカイ板チョコ1枚と交換したカレシは大損だったかも。(^-^;;

そして昨日のホワイトデー、開口一番「今日はホワイトデーだね♪」と言う私に「先月あげたよね〜(^-^;;」とカレシ。同じ手は通じなかったか(笑)。


--本日のクリック--
「エノテカ・オンライン・ショップ」
一連のフリーマンのラインが揃っています。今回飲んだのは2003年のキュヴェ・アキコ。

「渡辺ケイがお送りするカリフォルニアワイン情報」
フリーマンワイナリーのレポート。ワイナリー誕生の背景がわかると、うまさ倍増!
posted by AGI at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

ラーメン:蜂屋(北海道旭川市)

060310_01.jpg

ブームのせいか、有名店のご当地ラーメンが、自宅でも食べられるのは、嬉しい限りです。
先日、旭川の老舗、蜂屋のラーメンをお世話になっている方から送っていただきました。m(__)m
なんだか、友人知人の皆さんからの贈り物で生きているような、今日この頃。いつもありがとうございます。m(__)m

ところで、「一番気を遣う料理は?」と聞かれると、迷わず「ステーキとラーメン」と答えます。どちらも熱のとおり加減と時間が勝負なのでモタモタ作ったり、ダラダラ食べるのはガマンがなりません。(^-^;;

で、ラーメンですが、これもまた具材を切ったり炒めたり、丼を温めたりと、同時進行でやらなきゃいけないことが結構あるわけです。なので、このときはもの凄く集中します!
ひと言も言わずに黙々と作るので、「機嫌でも悪いの?」と聞かれるほどです。あはは・・・。

蜂屋のラーメンは、横浜のラーメン博物館でミニラーメンを食べたのが最初の出会い。
その独特の煮干やラードを焦がしたスープの香りに驚き、うまい、まずい以前に、とにかく衝撃的でした。
お店ではトッピングにチャーシューとメンマとネギのみでしたが、今回は自宅で作れるので、お送りいただいた方から、「香りが気になるようであれば、玉ねぎを入れると良いと」いうアドバイスをいただき、さっそく参考にさせていただきました。

手前味噌ですが、ラー博で食べたときよりも、おいしくできました。m(__)m

ちなみに、先代のご主人は、仕上げに生卵を入れるのが好きだったそうです。
最後の1食でトライしてみたところ、おいしくいただけました♪
煮干のダシが、卵の黄身でマイルドになるような感じです。


⇒ うちのラーメンの作り方プロセス(蜂屋編)
posted by AGI at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

日本酒:一夜雫(いちやしずく)

昔々、北の国のとある街に大きな大きな、かまくらがありました。
この雪でできた大きなドームの中で、一滴一滴、零れ落ちるように命の液体が作られましたとさ・・・。

・・・と、「日本昔話」に出てきそうなプロセスで、「雪氷 一夜雫」という日本酒は作られます。北海道旭川市にある、高砂酒造の非常にレアな日本酒です。

一夜雫(いちやしずく)直径10メートル、高さ2.7メートルの雪氷室(ゆきひむろ)とよばれるアイスドームの中で、布袋に入れて吊り下げ、一滴一滴したたり落ちる「しずく」を時間をかけて集めたものが、このお酒。手間隙がかかるため、普通のお酒の1/3ほどしか採ることができないとのこと。まさに贅沢の極みでございます。

一夜雫の清酒は、数年前に妹分のKTちゃんが送ってくれたことがあり、それ以来ひと目惚れ。
初めて飲んだとき、おいしさのあまり「これ、日本酒???」と叫んだ記憶があります。(^-^;;

それ以来、私の中では日本酒ナンバーワンの存在です。
高級かつ貴重なお酒ということで、鮮烈な記憶を残したまま数年が過ぎました。

ところが、大変お世話になっているお客様から、まさに昨日、しぼりたての「一夜雫 やよいしぼり」が届きました。
しかも原酒でーす。(^-^)
思わず感動のあまり震えが走りました。
本当にありがとうございました。m(__)m

北国で育った方は何となくわかるかもしれませんが(私は東北出身)、雪が降る直前の空気の「匂い」とか、新雪の「味」って、独特な感覚で身体に染み付いているものがあるような気がしません?

この日本酒もそんな感覚が動くような、自然味あふれるお味です。ただひたすらに、おいしいお酒です。

このようなお酒を味わいのには、あまり肴はいらないのですが、鹿児島産のブリのお刺身と、作りたてざる豆腐を塩と柚子胡椒で味わいながら、じっくりと飲ませていただきました。最後は蕎麦で〆。


---本日のクリック---

高砂酒造株式会社オフィシャルサイト



posted by AGI at 10:46| Comment(2) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ちらし寿司とロゼスパークリング

06/03/06
先週、ようやく確定申告が終わったので、久々の完全オフ!
ちらし寿司とスパークリングワインで、ひとりひな祭りということに。

ちらし寿司

私のレシピは、酸っぱくなくて甘くもないちらし寿司なので、あまりお子様のウケはよくないかもしれないなぁ。
ワインのつまみにするので、どうしても具がメインになってしまいます。この日はエビのむき身とお刺身用のホタテを使いました。人が大勢集まるときは魚介をもっとたくさん入れて「てごね寿司」風にするのですが、ひとりなので、節約節約・・・。

岩下の新生姜のみじん切りを使うことで、生姜の爽やかな香りが楽しめます。少し酸味と色味がほしい方は、紅生姜のみじん切りも混ぜるといいかもしれません(漬け汁は使いません)


今回はエビがすごーーく食べたかったので、エビを散らすというより、並べてしまったので、何となく見た目がチャーハンみたい(笑)。でも味はGOOでした♪


ジェイコブス・クリーク スパークリングロゼ【大人気でただいま入荷中!!】世界中のワインコン...この日はジェイコブスのロゼスパークリングを開けました。少し甘味があるけど、後味にベタっと残らないので食中でもイケます♪ 梅、桃、桜の季節には妙に飲みたくなるので、思わずケース買い!



⇒ ちらし寿司レシピはこちら♪
posted by AGI at 13:21| Comment(3) | TrackBack(1) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする