2011年02月14日

ハッピ〜・バレンタイン♪

DSCF9057.jpg

ちょうど昨日のこの時間頃、ダーリンが極秘任務を終えて、ニュージーランドから帰国。
2週間の長い留守でしたが、無事に帰ってきてくれて、ホッとしているところでございます。
南半球の真夏から極寒の札幌への帰還、気温差が30度ぐらいありますね〜。
本日は時差調整をしておりました。

少し日に焼けて帰ってきたダーリン、冒頭のワインをしょっての帰国でした。
今夜は、そのうちの左から2番目の「AKARUA」を飲んでみました。
ニュージーランドのピノノワールの特徴が強く出ていて、深いのですがあたりが柔らかい、といったところでしょうか。
初対面から、打ち解けられるようなピノでした。

話変わって・・・

DSCF9061.jpg

こちらは「私が」とある皆様から感謝の気持ちと共に頂いたチョコレート。
メッセージは「そっと見守る天使たちが あなたに幸福を届けてくれる」とのこと。
メッセージと共に、嬉しいプレゼントでした。

私からダーリンへのプレゼントは・・・ヒミツ・・・ってっことで。(^-^;;




posted by AGI at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

お正月ワイン

DSCF8996.jpg

今朝の札幌の最低気温はマイナス11度!
もっとも寒い道内の地域では、マイナス25度ぐらいのところもあったようです。
もうこうなると、寒いというより「痛い」という皮膚感覚です。
最高気温も、マイナス7度ぐらいまでしか上がりませんでした。
いよいよ、マジな冬が到来です。

札幌はお正月が穏やかだっただけに、追い打ちをかけられているような気がするな〜。
ところで、トップの写真は元旦に開けたスパークリング。
3年前の新婚旅行の際に買って、取っておいた想い出のものです。

懐かしいなぁ!

お正月が明けたと思ったら、明日から3連休の方もいらっしゃるのかな?
我が家は引き続き引っ越しの後片付けと、年初めの仕事に精を出しまーす。
posted by AGI at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

結婚3周年記念日

RIMG0100.jpg


3年前の今日、たくさんの友人知人の皆さんにお祝いいただき、私たちは結婚式をしたんだね、としみじみしている結婚記念日です。それから3年、お互いに大きな怪我も病気もケンカもせず、ここまで仲良く元気に一緒に歩いてきました。支えてくださっている皆さん、いつも本当にありがとうございます。m(_ _)m

今日は自宅で、トップの写真のブルーなスパークリング「ブラン・ド・ブルー 2008」で乾杯し、その後はGuenoc 97年のヴィンテージを飲んでます。Guenocは想い出のワイン。

食事は、簡単なオードブルの後、友人の実家で打ってもらった、手打ちの十割蕎麦と海老と野菜のかき揚。蕎麦湯まで堪能させていただきました。m(_ _)m

カリフォルニア産のブルーなスパークリングの気になるお味は、若干の甘みを感じるドライ、といったところ。甘口ではありません。かなり冷やした方がおいしく召し上がれます。ブルーの色は、ブルーベリー等の天然色素以外に、青色1号などの色素も入っているようです。サムシング・ブルーにちなんで、幸せを呼ぶスパークリングとして、人気のようですね。光の角度によっては、水中から水面を見上げたような、綺麗なブルーで、窓辺のインテリアにもしたいかも(?)。いや、やっぱり冷やして飲んじゃうな(笑)。

たくさんの皆様からお祝いのメッセージとメールをいただき、この場を借りてひとまず心からの御礼を申し上げます。これからもダーリンと私を温かく見守ってくださいね!

posted by AGI at 21:40| Comment(6) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

道産アスパラソースのリゾーニ

DSCF8264.jpg

トップの写真は、今札幌のあちこちで満開のルピナス。元気が出るような、いろんな色がたくさんです。日差しに色が良く映え、風に揺れる姿も美しいですね。

DSCF8267.jpg DSCF8311.jpg DSCF8312.jpg 
そして下段は道庁の蓮。こちらも今、満開を迎えています。赤や白、黄色と、場所によって彩りよく咲いています。毎年思うのですが、この蓮、池のかなり中央に群生しているため、池の端からは、私のカメラでギリギリこのぐらい。この日は撮影用高機種を持っていなくて、これが限界なの〜〜〜〜! いっそのこと、胸まである長靴借りて、池の真ん中まで歩いて行きたい(笑)。そのぐらい、蓮は凛としていて美しかったです。

話変わって、今日はリゾーニというパスタをお家で食べました。名前のごとく、リゾットを思わせるような、米粒ほどのパスタです。これにはクリーム系のソースが良く合うので、今日は旬のアスパラをしっかり茹でて、ゆで汁と豆乳を加えてフードプロセッサで撹拌して、塩味を整えておきます。

千切りにしたベーコンと、小海老は8尾を、各4等分ぐらいしたものを、少量のバターで炒め、軽く塩コショウして、先ほどのソースに汁ごと入れて馴染ませます。

時間より1分ほど早くリゾーニをゆで上げ、しっかりと、しっかりと水気を切り、ソースの中に投入。軽くなじませてから、お皿に盛って、パルメジャーノをたっぷりとかけて召し上がれ。

リゾーニは、その形や食感から、リゾットと同じような扱いができると思います。アルデンテにゆで上げて、トマトソースやラグーソースにも合いますね! ただ、普通のスパゲティーニと同じ分量をゆでると、かなり余りますので要注意。具財や付け合わせ、メインのボリュームとも相談しつつ、少なめに茹でておくのがよろしいかと。

ワインは、カリフォルニアのシャルドネ カレーラ♪ フルーティな香りと辛口の味わいが、パスタソースに良く合いました〜。至福じゃ〜(笑)。

posted by AGI at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

サンバ・レディの謎

DSCF7803.jpg

最近スペインのバルに凝って、あちこち飲み歩いているという知人から、こんな質問がありました。

知人:「AGIさん、スペインの赤ワインで、マスコット(チャーム)がついているの、ご存知ですか?」

AGI:「スペイン、マスコットといえば、闘牛の付いている、超有名なコレでしょう」と言ったところ、

知人:「いえ、違うんです。牛ではなくて、天使が付いているんです。おいしいワインだったのですが、名前を控えてくるのを忘れて・・・今度聞いてきます」・・・と、いったん別れた私たち。

⇒そして数週間後・・・
posted by AGI at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

七草がゆ

DSCF7252.jpg

お正月料理も冷蔵庫から消え去り、我が家では残るは黒豆だけとなりました。このようなタイミングなのか、1月7日は七草がゆの日となっています。みなさん、召し上がりましたか?

七草は、こちらです。
芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)=ハハコグサ(母子草)、繁縷(はこべら)=ハコベ、仏の座(ほとけのざ)=コオニタビラコ、菘(すずな)=カブ、蘿蔔(すずしろ)=ダイコン

今はパッケージになって売っているので、便利ですね。
七草がゆを食べるのは、日本だけでなく、中国でも同じような習慣があるようです。邪気を払い万病を除き、無病息災を祈願するという意味と、おせち料理や正月の御馳走で疲れた胃を休め、不足しがちな栄養素を補うというハーブ的な役割があります。色合いも鮮やかで、ほんのり草の香りが朝にはいいですね。我が家では仕上げにおろしショウガも少しだけ入れるようにしています。

DSCF7255.jpg DSCF7256.jpg
塩やゴマ塩であっさり食べるのがいいのでしょうけれど、我が家では「お粥の友」としてこの2品を常に冷蔵庫に常備しています。穂先メンマをラー油に漬けこんだ「やわらぎ」と海苔をゴマ油で佃煮風にした「角切り海苔(ごま油風味)」です。やわらぎは、モヤシ炒めに混ぜて中華風にしても、おいしいです。角切り海苔は、おにぎりにもおすすめでーす。
posted by AGI at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

1歳の誕生日

DSCF5642.jpg

このところ、札幌のお天気は、雪が降っては融けてまた降り積もり…の繰り返しです。出かけるとき、毎日どのブーツが良いか、はたまた長靴で出かけた方が良いか、悩みます。(^-^;;

そんな中、我が家の晩御飯は鍋が続きます。私のお好みの薬味は、ゆず胡椒と香港辣油(ホンコンラーユ)です。ゆず胡椒はご存知の通り、塩焼き鶏や薄味のおうどんにも使える万能選手。香港辣油はかなり辛いですが、ギョーザや麻婆豆腐や中華風の炒め物には欠かせません(基本的に温かいメニューに合います)。粗く刻んだトウガラシとニンニクが入っていて、最初からノックアウトされる辛さと旨みです。辛い物好きなあなた!お勧めです。(^-^)

週末はダーリンの家族も集まって、豆乳ゴマだれ鍋をしました。うちは鍋にホタテをよく入れるのですが、みなさん、ホタテのヒモをどうしていますか? あれはとてもよくダシが出るので、うちではよく洗った後にキッチンばさみで細かく切って、鍋に入れてしまいます(包丁だとぬるぬるして切りづらいので)。細かく切ると、他の具材と一緒に自然と食べられてしまいます。あとは、つみれを作る時に入れることもできますね。生のままだと水分が結構出てしまうので、さっとお湯を通してから、フードプロセッサーでみじん切りにして、荒熱を取ってから鶏肉や魚のつみれに混ぜます。程よく歯ごたえも出ますし、煮れば煮るほどだしも出るというわけです。

さて、肝心のお鍋ですが、ゴマの味が濃くなったところに、きしめんを投入。仕上げにそれぞれ香港辣油をたらして辛さ調整をして、坦々麺風にして食べました♪ 翌日は残ったスープにさらにカレールーを入れて、豆乳カレーうどんに。3年ほど前、初めて古奈屋で食べた、クリーミーなカレーうどんが懐かしくなるような味でした。

ところで昨日は事務所を法人化して1年目でした。事業所としては足掛け6年ですが、無事に会社として1周年を迎えました。トップの写真は、ダーリンがこの日のために買ってくれた、私が大好きなスパークリング「シャッフェンベルガー」。実はコレ、2年前の暮れに札幌の事務所が決まった時にも、ダーリンが買ってくれたもので、自分の中では定番的なお祝いのお酒です。味はもう、シャンパンそのもの。これから1年も、たくさんの嬉しいサプライズがありますように♪

⇒最近食べた、おいしいものたち。
posted by AGI at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

自家製つくねとスカットルバット

DSCF5618.jpg

朝からしんしんと降る雪のせいで、窓からの景色にガウスをかけたような感じに見えます。ところで、昨日の札幌のお天気、久々にやられました。(^-^;; 昼過ぎまでは、お日様がサンサンと降り注ぎ、午後2時過ぎから、濡れ雪に変化。歩道は融けた雪が水たまり状態になって、歩きにくい上にものすごい風のため、傘もきかず・・・。そんななか、円山まで打ち合わせに出かけ、帰りに裏参道にあるワインの寿屋さんに寄って、夜飲み用ワインをゲット。仕事で行くたびに、つい寄ってしまうお店です。昨日は見かけたことのないラベルに惹かれて買った、オーストラリアのスカットルバット カベルネ/シラーズです。

⇒ 意外なおいしさに!(≧∇≦)
posted by AGI at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

タイカレーとナン

DSCF5462.jpg

今日から仕事始めの方も多いと思います。うちはダーリンが昨日から仕事に出ていることもあって、何となく気分は火曜日なんですが(笑)。会社に出て新年のあいさつなどしているうちに、1日が終わってしまった感じです。(^-^;;

ところで、昨日は正月の時差を埋めるべく、早く寝ようと思って風呂上りに髪を乾かそうとしたところ、ドライヤーのスイッチが入らない。別のコンセントにさしてみても、やっぱり入らない・・・と、ドライヤーから白いモクモクした煙が! ひぇ〜!とびっくりしてドライヤーのボディをつかんだところ、やけどしそうなくらい熱い!! これはもう、ショートしたか爆発寸前かと覚悟をし、しばらく放置したところ、だんだん冷えていき、天国へ・・・。m(_ _)m

ということで、ストーブの前で自然乾燥する羽目になり、いつもより夜更かししちゃって・・・意味ないじゃん(笑)。今日、さっそくドライヤーを新調してきました。それにしても、ドライヤーも種類が多く、値段の幅も広くなりましたねぇ。ラインストーンがついているものまであって、ちょっとそそられましたが、結局オーソドックスなものに落ち着きました。

話変わって、トップの写真は、このお正月ダーリンにお年玉として買ってもらったル・クルーゼのスクエア スキレットグリルです。色はオレンジ。以前から焼き野菜やお肉に焼き目をつけたいと思って狙っていたので、嬉しくて早速ナス焼いてみました。グリルパンも便利なのですが、鍋と一緒に買ったオイルミストが大変重宝しています。使用する油の量が激減したことと、瞬時にまんべんなく広がるのがいいですね。どちらの商品もオススメ。

グリルパンでは、野菜やお肉のほか、トーストやお餅も焼けます。2人分のちょっとした料理なら、大きさもほどよくて使い勝手が良いです。使い始めはこびりつきやすいので、焼き野菜をバンバン作って、マリネにしました。その後はまったくこびりつきなしです。

⇒今夜の晩御飯
posted by AGI at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

母の手作り梅ジャム

DSCF4620.jpg

どこのお宅にも、子供のころから冷蔵庫や戸棚をあけると、必ず入っている「常備菜」があるのではないでしょうか。佃煮や梅干し、ふりかけ・・・などなど? うちの場合は、杏を半分に割って干したものを、生姜をひとかけら一緒に赤紫蘇の葉でくるんで、お砂糖と塩で漬けた「しそ巻き」が定番でした。これは私の地元、青森方面では、いわゆる「梅干し」よりもポピュラーなものでした。

今、自分で梅干しを漬けるようになって、その手間と楽しみを覚えて、ふと子供のころ当たり前に食べていたものを思い出されます。母が杏の実を半分に割って縁側に干た、甘みが出てきた半乾きの杏を、こっそり食べて怒られたっけ・・・(^-^;; なので、いまだにチーズに添えられるドライフルーツは、禁断の味を彷彿とさせるわけです(笑)。

ところで、トップの写真は近くの公園のラベンダー。そろそろあちこちの公園や軒先でも、様々な種類のラベンダーがビュンビュン伸びて咲き始めています。上富良野町でも、満開の時を迎えているようです。

⇒ そして母の永遠の定番といえば。
posted by AGI at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

2008年の梅酒仕込み

DSCF4459.jpg

今日、楽しみにしていた梅干しと梅酒用の梅が、和歌山県の紀州みなべ地方から届きました。(^-^) 去年は忙しすぎて、梅の選定をする間もなく、梅酒は断念、なんとか梅干しだけ漬けたのでした。
今年は3Lサイズの梅を5キロ、こちらのサイトから買いました。

DSCF4456.jpg DSCF4458.jpg
梅は写真を見てのとおり、粒ぞろいで傷もほとんどなく、大きさも揃っています。3Lのサイズがわかりやすいように、100円玉と並べてみました。

クール便で到着したダンボールを開けたら、「あー、やっと着いた、やれやれ〜」という梅ちゃんの声が聞こえてきそうでした(笑)。写真の梅ざるは直径53センチですが、入りきらない梅が25個ほどありました。結構な量ですね!

⇒今年の梅酒仕込みは3種類♪
posted by AGI at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

降ったり、滑ったり、決まったり

1122_01.jpg

トップの写真は、札幌駅前の駅ビルショッピングセンター「ステラプレイス」のディスプレイです。ビックカメラ寄り南口に展示されていました。ぶどうのオブジェに酒瓶を抱えているあたり、ヴォジョレー・ヌーヴォーを意識してのことだと思いますが、妙に惹かれたのは何故?(笑)

札幌は雪と雨の後の急激な寒気で、路面はツルツルです。地元の皆さんの「転ばないでね〜」の心配の気持ちが身にしみるこの頃です。昨日は横断歩道に急カーブでインしてきた自転車が、ものすごい転倒をしたのを目の当たりにしました。歩行者も車も一時停止するほどの出来事だったので、思わず助けに駆け寄ろうとした途端、転んだ女性はこれまた素早く体勢を建て直し、自転車を引いて立ち去っていきました。こういう時って、ちょっと恥ずかしいんだよね・・・(^-^;;。その後大丈夫だったのだろうか・・・。札幌のツルツルは侮れない!!

⇒で、近況など。
posted by AGI at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

夏のトマト料理3種+オマケ

トマトとシーフードのカッペリーニ

道産の桃太郎トマトが安く出回るようになりました。先日、長沼の道の駅でひと箱8個入りを格安で買ったので、我が家では毎食テーブルに登場です。

この時期は、生のトマトを使った冷たいお料理もおいしいですね。
そこでうちの定番メニューをご紹介します。トップの写真は、トマトとシーフードのカッペリーニです。カッペリーニは細麺のパスタで、冷たいパスタやサラダにと応用が利きます。パスタの定番、ニンニクと唐辛子のペペロンチーノも、カッペリーニで作ると、驚くほどオリーブオイルが絡んで、とてもおいしく出来上がります。

⇒ トマトを使ったレシピはこちら
posted by AGI at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

蒸し餃子

蒸篭

先日、ヨーガの大先輩Tさんから、立派な蒸籠(せいろ)をプレゼントしていただきました。m(__)m
蒸し物には欠かせない蒸籠ですが、今回の引っ越し前に、年季の入りすぎた蒸篭を処分したばかりだったので、とてもタイムリーでした。

買い換えたばかりのオーブンではスチーム機能もついているのですが、どうも蒸し餃子やシューマイなど「皮もの」は仕上がりの皮が乾き気味。卓上電気プレートは装置がアレコレ付いているので、気軽に蒸し物をするにはちょっと面倒・・・そして長年愛用してきた、蒸しものや煮物に大活躍の銅鍋は、IHじゃ使えないし・・・(T_T)。この銅鍋は、もったいなくて捨てられません・・・。

蒸し餃子ということで、新蒸篭のおかげで、我が家では久々においしい蒸し餃子ができました♪♪
大きさも直径21センチで、写真のように蒸し餃子がちょうど10個並ぶ、程よい大きさです。白菜やキャベツを下に敷くことが多いのですが、今回はもやしを敷いてみました。

中の具は、豚挽肉にキャベツとネギの青い部分をみじん切りにしたもの、生姜のみじん切り少々に、隠し味にオイスターソースをちょこっと。余力のあるときは、中華スープの元を粉寒天でゆるく固めたものをタネの中に仕込んでショーロンポー風にすることもあります。お肉の赤身が多いと仕上がりがパサ付くので、ラードを少し入れると良いようです。

蒸し時間は量にもよりますが、今回は強い蒸気を当てて10分ほどでできあがり〜。
posted by AGI at 12:07| Comment(9) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

トマト・チーズフォンデュ

HANG TIMEのピノ

昨日は引越し1ヶ月目ということで、カレシが自分のセラーから、お祝いにHANG TIMEのピノを出してくれました。ヽ(^。^)ノ
エノテカで仕入れなくなったので、市場から姿を消してしまったこのワイン、今では希少価値が高くなってしまいました。
軽くトーストっぽい香ばしさが漂い、時間が経つと潔い甘いアロマがたまりませんっ♪

晩ご飯には何か気のきいたものでも作ろうと思っていたのですが、仕事が忙しかったので、準備が簡単なチーズフォンデュにすることにしました。ネットでトマジュースを使ったチーズフォンデュを見かけて、ぜひ作ってみたいと思っていたので、トライすることに。

トマト・チーズフォンデュ今回は白ワインの代わりにスパークリングを煮切ったところに、片栗粉(コーンスターチでもOK)を軽くまんべんなくまぶしたチーズを少しずつ入れて溶かしていきました。最初はスタンダードなチーズフォンデュで前半終了。2回目のチーズを投入したときに、トマトジュースを少しずつ足していきます(写真)。

これが実にあっさりしていて、飽きがこない風味に変身。ガーリックトーストにもよく合いました。具は、今回初登場のベビーホタテが人気でした。生ハムも用意したので、具をチーズに絡めて、生ハムでくるりと巻くと、目新しい味になりお勧めです! 鍋に残ったチーズは翌朝のオムレツに使おうと思ったのですが、残るわけもなく(笑)。完食しました〜。フォンデュ鍋は、後片付けも簡単で便利ですね。火加減をうまく調節すると、小ぶりの土鍋でもできますよ〜。
posted by AGI at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

真冬に逆戻り

今朝の札幌

トップの写真は、本日午前7時の札幌です。明け方の雨がいつの間にか雪に変わり、10時頃まで降り続き、その後雨となって、今はすっかり融けました。気温もぐんと下がってしまい、クリーニングに出そうと思っていたコートを復活させたほど。春が待ち遠しいなぁ。

春らしいアレンジそんな札幌も昨日はポカポカ陽気で、ヨーガの大先輩のTさんがランチに遊びに来て下さいました。お花をアレンジして飾ってみました。




ホッキ貝と帆立貝とグレープフルーツのマリネメニューはホッキ貝と帆立貝とグレープフルーツのマリネ。貝はどちらも下処理のあと、サッと湯通しをして氷水につけます。しっかりと水気を切って、グレープフルーツの実とレモンの絞り汁、オリーブオイルと塩のみで味付けをします。フルーツと一緒にマリネするときは、2時間半ほど前に和えて冷やしておきます。液に漬けすぎると、水分が出てしまうからです。水菜をしいたガラスのお皿で涼しげにアレンジを。

定番キッシュもう一品は我が家の定番メニューのキッシュです。作り方はこちらを参考にして下さい。焼き立てすぐよりも、15分ほど置いたほうが切りやすいです。冷めてもおいしいですし、冷凍保存もOKなので、重宝します。ポイントは玉子液をしっかり固まるために、具材から出た汁を入れすぎないこと。これさえ守ればまず失敗はないでしょう。

あ、この日はヨーガのお勉強も兼ねたので、ワイン抜きのランチです。(^-^)v
posted by AGI at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ワタリガニのトマトソースパスタ

ワタリガニのパスタ

ふと気がつけば、今日はブログをスタートして1年目。いや〜、早いものです。もともと、本家AGI Siteは、趣味でボチボチやっていたのものですが、お客様からブログやアフィリエイトの問合せがあまりにも増えて、いっぱしのノウハウだけではなく、実際に使った感想を求められることが多くなって始めたのがきっかけでした。何とか1年経って、たくさんの皆さんに訪れていただき、ありがたいなぁと思う次第です。

そうえいば、本家AGI Siteでも、昨日カウンタが22000件を突破。記念すべきメモカウを踏んだそこのあなた! 北海道旅行をプレゼントします♪(実は当選者は誰だかわかってんの(*^-^))
今後もブログはマイペースで続けていきます。どうぞよろしくお願いします。

ところで、昨日テレビ番組で、料理研究家の辰巳芳子さんのドキュメンタリーを放送していました。80歳を超えてもなお現役でお料理をする姿は、最近の人気料理研究家にありがちな「手軽さ」とは無縁の、手間隙を惜しまない、素材に対する深い愛情、料理に対するピンと伸びた姿勢を感じました。

驚いたのは柔和なお顔立ちなのに、調理場では目がキリリと鋭くなること。武道の試合に臨む選手のような面持ちでした。経験に基づくプライドと知識、頭が下がる思いでした。番組の中で「食事を整えるのは、祈りのひとつの形です」とおっしゃったのが印象的でした。ヨーガやアーユルヴェーダにも通じます。身体がほんとにほしがっているものは何か、身体に耳を傾けたり、身体に聞いてみると、答えてくれるのかもしれません。

⇒ そして私の夕食は。
posted by AGI at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

雨のバレンタインデー

アップルパイ

久々の雨で、寒くて冬らしい日になりました。
でも今夜デートのカップルは、ラブラブで寒さなんかへっちゃらかな〜。(^-^;;

えー、かくいう私は、このところほとんど外に出ておりません。
連休はヨーガの卒論に没頭し、連休明けは予想はしていたけど、デスクを離れられない忙しさ・・・。
残り物を工夫して食べつないできたものの、今日は昼抜き・・・で、夕方、遅いおやつにアップルパイを作ってみました♪

私は甘いものはほとんど食べませんが、ケーキやお菓子は作るのは好き♪
先日カレシがアップルパイを作ったのを聞いてから、作りたくてウズウズしてたんです(笑)。
今日はフィリング(りんご)を煮なくても良い、冷凍パイシートを使った、超簡単アップルパイを焼いてみました♪

⇒簡単アップルパイのレシピ
posted by AGI at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

桜の会「冬の陣」

Engage Ring

先日、ちょいと内輪でおめでたいことがあり(*^-^*)、いつものワイン会「桜の会」のメンバーのうち私を含め5人が集まって、新年会&お祝いパーティを自宅でやりました。ちょうどカレシもナルニア国から遠征してきていたので、桜の会初参加。

iPod Shuffleこれはカレシが「お年玉」にくれたiPodシャッフル。ヽ(^。^)ノ前からほしかったんだけど、ほんとにちっちゃくて、仕事のクリップと間違えそうです。



さて、この日はあれこれ得意料理にプラスアルファで、仲良しのみなさまからいただいたご馳走も、賞味させていただきました。m(__)m

⇒ 冬の陣のメニュー
posted by AGI at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

カリスマ豆富

カリスマ豆富

ついにストーブ始動・・・。寒っっ!!(≧∇≦)

こう寒くなると、魚系のお味噌汁がおいしくなりますね。
わたしがよくやるのは、助惣鱈(すけそうたら)とネギたっぷりの「ジャッパ汁」、または鮭とジャガイモなど入れた「サンペイ汁」などなど・・・。田舎の懐かしいメニューです。

味噌って温まりますね。私は長崎の麦味噌をメインに、弘前の赤味噌など、2-3種を常備しています。ブレンドすると思わぬ深みが出てきます。

豆腐好きの私は、いずれのお味噌汁にも豆腐は欠かせない具なのですが、先日写真の豆腐をスーパーで購入。以前から見かけて気になってはいたのですが、なんと言っても「カリスマ」でしょ?
何でもかんでも「カリスマ」と付ける風潮が好きになれず、通り過ぎていました。(^-^;;

⇒ ところで、お味は?
posted by AGI at 20:27| Comment(5) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。