2008年03月21日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)3回目〜9回目

ヨーガ・カテゴリの更新が滞ってしまい、すみません。YICやYTICで検索して、このブログにたどり着いた方もたくさんいらっしゃると思います。少しでも内容が参考になりれば幸いです。

各回のレポートの前に、YTICのこれまでの感想を。
ヨーガの考え方を中心に学んだYICに比べて、YTICは医療の専門知識が中心となります。覚悟はしていたけど、ものすごいボリュームです。テキストはYICの時と同じ形式ですが、理論編、実技編とも厚いっ!(^-^;;当然、講座の時間内に全部は読みきれないので、あとは自分で読むしかありません。テキストの後半は、資料としての読み物や、症例報告などが多く載っているので、私は時間のあるときに目を通すようにしています。

YICとの大きな違いは、数回の中間報告の提出があることです。先日、初めての中間報告(内容は後述します)をしたのですが、論文並みのボリュームになります。私はYICの時の論文よりページ数が多くなりました。このまとめ方は、先輩方のサンプルを見せていただけるはずなので、あらかじめ様式をしっかり把握しておくことを、お勧めします。

中間報告の提出とともに、パワーポイント(以下、PPT)を使った10分間のプレゼンテーションもあります。中間報告の内容を、スライド10枚〜15枚程度にまとめて、班内でひとりずつ発表をしました。PPTを使ったことのない方には、ちょっとハードルが高く感じられるかもしれませんが、これはぜひ、がんばって覚えておいた方がよいです。札幌では、有志が集まってパソコン教室を何度か開催しました。ノートパソコンを持参していただいて、知識のある人がマンツーマンで教えるという、少人数制のものです。中には、これまで宿題などの提出物はすべて手書きという方もいましたが、中間発表までに立派なスライドを作れるようになりました! PPTの知識のない方は、早めに習得しておくと、あとが楽になります、ほんと。

あと、これは私の班で独自に行ったものですが、中間報告用のデータを交換するのに、メーリングリストを利用しました。講座日当日に提示できなかった方や、お休みになった方などには、けっこう重宝していただきました。質問や意見交換などもできるので、お勧めです。

それにしても、振り返るとYICで学んだことは、ちゃんとYTICに反映されるようにできているのだ、と常々感心させられます。今回の中間報告や、毎回の宿題で一番参考になっているのは、自分で書き上げたYICの宿題や卒論でした。

というのも、当時調べた内容や参考文献は、すべてペーパーに載せてあるので、どこの何を参照すればよいのか、すぐにわかるからでした。YICの宿題を泣きながら(笑)書いていた頃を思い出して、懐かしくなりました。

それでは、各回のレポートを簡単にまとめます。

■■第3回目 7月31日(火)開催■■
この回から4回にわたり、第1回中間報告作成のための、データ収集を行います。テーマは、「ヨーガ・セラピーによるストレス・マネージメント法(SMET)」です。YICでも学んだサイクリック・メディテーションを、各班に分かれて実習し、前後にメンバーの血圧や脈拍などの、計測数値をためていきます。今回は、実習の説明や計測方法を勉強しました。


■■第4回目 9月4日(火)開催■■
テキスト:「ストレストホメオスターシス」、「各種精神障害概略」
「ストレストホメオスターシス」は、中間発表でも使う大事なテキストなので、よく読んでおくと良いと思います。「各種精神障害概略」では神経症や人格障害の種類や治療法などを学びます。個人的に非常に興味深い分野。

午後は、中間報告のSMETデータの計測をしました(2回目)。


■■第5回目 10月2日(火)開催■■
テキスト:「糖尿病とヨーガ療法」(理論編・実技編)、「ギャーナ・ヨーガとヨーガ療法」
糖尿病が、心身症であることを良く理解できた講座でした。メタボリック症候群がなぜ増えるのか、考えさせられます。副読本の「心身医学標準テキスト」と併せて読んでおくと良いと思います。
「ギャーナ・ヨーガとヨーガ療法」は、YICで勉強したことの復習をかねています。「幸福とは何か」、「なぜ人を殺してはいけないのか」など、ヨーガの考え方に照らして考えます。

午後は実技のほか、中間報告のSMETデータの計測をしました(3回目)。


■■第6回目 10月30日(火)開催■■
テキスト:「婦人科系疾患とヨーガ療法」(理論編・実技編)
マタニティや更年期障害へのヨーガ療法を学びます。マタニティ・ヨーガはとても慎重に行う必要があるので、実績のある先生方からの指導やインストラクションを受けてから行う必要ありだと思います。更年期障害は、そろそろ人ごとじゃないお年頃なので(^-^;;、大変興味深く勉強させていただきました。

午後は実技のほか、中間報告のSMETデータの計測をしました(最終回)。


■■第7回目 12月4日(火)開催■■
テキスト:「ぜん息とヨーガ療法」(理論編・実技編)、「カルマ・ヨーガとヨーガ療法」
私の母が、かつて喘息発作に大変苦しんだ経緯もあり、もっと早くヨーガ療法を知っていれば・・・と思いつつ講義を聴きました。このパートも、副読本の「心身医学標準テキスト」と併せて読んでおくと良いと思います。カルマヨーガは4大ヨーガの中では、自分に一番フィットしたヨーガなので、バガヴァッド・ギーターの抜粋など、楽しく読みました。

午後は実技の実習です。


■■第8回目 2月5日(火)開催■■
テキスト:「高血圧とヨーガ療法」(理論編・実技編)
ストレスと高血圧、高血圧が引き起こす疾患などを学びます。

午後は実技の実習です。


■■第9回目 3月4日(火)開催■■
テキスト:「YTIC実習用 オーム瞑想法」
新班編成

この日は中間発表の日です。レポートは、CDまたはプリントアウトでの提出です。札幌は受講人数が15名程度なので、PPTでのプレゼンテーションは2班に分かれて、発表者、タイムキーパー、司会者を順番に担当しました。10分間の発表ですが、それぞれ個性のある内容で、大変勉強になりました。4回の実習にあたり、生理データ、生活や健康の変化などをシェアした班の集大成です。何とかレポートも期限に間に合って、大きな肩の荷が下りました。やればできる!>自分

このあと、再編成された班のメンバーで、次の中間発表のテーマとなる「オーム瞑想法」の第1回目の計測を行いました。次回は4月1日(火)です。できるだけ滞らないよう更新していくよう、がんばります!
posted by AGI at 15:29| Comment(9) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です!
うなるような内容ですね!
YTICを受講されてる皆さんに
改めて敬意を表します!

明日、YICの修了証を頂きに
久々に町田へ行きます
懐かしい面々に会えそうで
楽しみです(^^)
Posted by ケンケン at 2008年03月21日 21:17
◆ケンケンさん
いつもありがとうございます。m(__)m
町田ですか〜いいなぁ!(≧∇≦)
懐かしいですねぇ。
私も、プチ同窓会に参加したい気持ちになります。
終了証授与のときに、ナイスなスマイルで、
木村先生との写真を撮ってきてください。
みなさんに、よろしく〜♪
Posted by AGI at 2008年03月21日 22:33
お忙しいなかレポートありがとうございました。とても参考になります。大変そうですけど、興味のある分野ばかりです。きっとまた何度も読み返しにお邪魔することと思います。
私もYIC無事修了することができました。本当に充実の日々でした!
Posted by kielo at 2008年03月21日 23:08
はじめておじゃまいたします。ぺこり。

これまで、宿題などの提出物すべて手書き。。これって’わたしぃ?’と思いました^0^。 

これも、すべてAGI姉さまと出会ったからこそ、できたわけでございます。

本当に、感謝感謝なのです。
これからも、どうぞ よろしく♪です。

 3月もあと少しですね。
来週の半ばからは、
春のこどもキャンプ!!!

 雨が降らなければ、
野宿も(最低気温マイナスの中、大雪山のふもとで)ありまーす。

朝・晩、リラックマ・ヨーガ?!(ブリージング)もこどもたちと一緒に体感しまーす!

いってきまーす!!!
Posted by taka at 2008年03月22日 09:36
◆kieloさん
YICご卒業おめでとうございます!
卒論や宿題、本当に大変だったと思いますが、
がんばりましたね!パチパチパチ♪
私もこれからもYTIC、引き続きがんばります!


◆takaちゃん
前半は同じ班で、とても楽しかったです。
こちらこそ、いろいろと勉強になることばかりでした。
takaちゃんの、がんばる姿に励まされました。
キャンプ、楽しんできてくださいね。
YTICで、ご報告もお待ちしています!

Posted by AGI at 2008年03月23日 10:55
はじめまして。
YIC検索で辿りつきました。
3月末から町田で受講することになり、今からワクワクしています。
AGIさんのブログ、とても参考になります。
ところで「班」というのは、あらかじめ決められてるメンバーなのでしょうか?それとも、座った場所等で分けられるのでしょうか?
Posted by 寧々 at 2008年03月26日 23:56
◆寧々さん
はじめまして!(^-^)/
コメントありがとうございます。
町田YICということで、同窓生ですね〜。
受講生の人数も多いですが、いろんなバックグラウンドの方がいて、
とてもエキサイティングだと思いますよ!
班ですが、私が受講したときはあらかじめ
8人〜10人ぐらいに分けられていて、ホールに
席表が張り出されていました。
それに沿って着席・・・です。
東京では、毎回席が違ったので、いろんな方とお話できるのも
楽しかったですよ〜。
Posted by AGI at 2008年03月27日 00:25
さっそくお返事いただき有難うございます!
なるほど、あらかじめ分けられているのですね(*^-^*)
なんだか楽しそうですね♪
ヨーガが大好きなので、これからいろいろ学べると思うとワクワクです。

Posted by 寧々 at 2008年03月27日 10:20
◆寧々さん
お返事ありがとうございます。(^-^)
東京は相当数の受講者なので、毎回の席割りは、
スタッフの方もご苦労されていると思います。
室内が乾燥するので、私の場合、のど飴とペットボトルの水分は必需品でした。
近くにコンビニがないので、そこだけは、ちょっと不便かな〜。
Posted by AGI at 2008年03月27日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90346448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック