2017年04月28日

マグノリアに浮立つ春

IMG_2127.JPG

ようやく札幌も桜が開花し、同時にマグノリア(コブシ、モクレンとも言います)も咲き始めました。写真は、大通公園5丁目周辺のヒメコブシです。花びらの裏側に、濃いめのピンクのラインが入っていて、まるで一筆の紅を引いたよう。小ぶりの花が背の高い木の先端から咲き始め、遠くから見ると、木に白い鳥が群れているような様子です。可憐で凛としていて、大好きなお花です。
マグノリアの花言葉は、「自然への愛」というのだそうです。

IMG_2128.JPG

ところで、東京では、京王線沿線に住んでいました。
京王多摩川の駅に隣接して、京王フローラルガーデン アンジェ という1年中楽しめるお花の公園があります。こじんまりとしていますが、バラとマグノリアの種類が豊富で、季節になると、何度も訪れていた、お気に入りの場所でした。
過去ログを見ると、私のマグノリア愛が垣間見られる記事が、毎年書かれていました。
http://agi-site.seesaa.net/article/15391916.html

いろんな種類のマグノリアがあるのですが、私が一番好きなのは、下の写真の「サヨナラ」という品種。名前はさみしげですが、卒業のシーズン、お別れの季節に咲く花として、前向きな別れをあらわしているような気がして。

mag02.jpg

今でも3月になると、ガーデンのマグノリアを思い出し、衝動的に上京しそうになります。
札幌は、これから駆け足で春が過ぎてしまうので、見逃さないよう、マグノリアや桜を愛でる時間を大切にしたいです。

posted by AGI at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449405591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック