2007年06月03日

翠明荘[すいめいそう](懐石料理・青森県弘前市)

翠明荘のメニュー

先日、カレシ家とAGI家の親族の顔合わせで、弘前に全員集合しました。着いてからすぐに、大好きな高砂の天ぷら蕎麦に直行! 相変わらずでっかい海老の天ぷらは健在で、お蕎麦も美味しく皆さんにも大好評でした。

夜は老舗の翠明荘にて、懐石料理をいただきました。トップの写真は、席に置かれていたメニューと和紙のマットです。季節に合わせて、都度替えているとのこと。ガーゼのナプキンが置いてあり、持ち帰ることができました。
メニューは地物の魚介と野菜を使ったを中心とし、いずれも量は少なめで目に美しく女性好み。でも食べ終わる頃にはおなかは八文目・・・という理想的なものでした。

翠明荘のお庭 翠明荘
お部屋は見事な庭園に面していて、夜はライトアップされて綺麗でした。静かな館内に獅子おどしの音が響き、風情たっぷり。かといって、完全に和式かというとそうでもなく、別室は明治時代の洋館にあるような調度品も置いてありました。

写真の欄間は岩木山をモチーフにしたものとのことで、1枚板に彫刻しているそうです。実はこれ、テレビ番組の「何でも鑑定団」に出したところ、600万円の値がついたシロモノ。館内の造りや歴史も話題になり、食事は実に楽しいひとときでした。

0602_03.JPG 0602_04.JPG
お料理の写真はたくさん撮ったのですが、中からセレクトして。左の写真は器が綺麗でしょ。マットやメニューに合わせて菖蒲が描かれています。中のお料理は焚き合わせ。右の写真は、鮎の稚魚の中にカマンベールチーズを挟んで揚げたもの。おかわりしたいくらい、おいしかったです。ビールが進みそう!(笑)
お酒は地酒の他に、ワインもありました。
お店はランチもやっていますが、要予約です。靴を脱いで上がるので、リラックスできますよ♪
隣接して、飲茶が人気の中華料理店もあります。

ハンカチの木 0602_08.JPG
実は食事の前に、弘前城の中を散策しました(だからメチャお腹が空いてた私)。桜はもう終わっていたけれど、植物園の中は春爛漫。中でも「ハンカチの木、満開です!」という案内に惹かれて行ったところ、写真左のようなものが木にヒラヒラとたくさんくっついていました。説明は右の看板をご参考に。

弘前公園の牡丹牡丹もいろんな色が咲き誇っていました。中でも大迫力だったのはこちら。花というより、すでに木と化してします。立派に育てられていますね。



大手毬 大手毬
こちらは私の好きな大手毬。一見、紫陽花のようにみえますが、これの全景はこんなに大きいの(右)。

タニウツギこちらはタニウツギです。ピンクの小さな花が密集してかわいい!





さくらロール さくらロール断面図
今回のお土産スイーツはこちら。弘前駅構内で購入しました。桜の塩漬けをロールケーキにした「さくらロール」です。クリームにも塩漬けの葉っぱが細かく刻んで入っていて、あまり甘すぎずに私でもOKなお味でした。表面には桜の花も。

季節限定チーズ さくら チーズ さくら
桜つながりで、千歳空港に戻ってから、大好きなチーズ「さくら」をゲット。このチーズは季節限定なので、そろそろ終わりかな〜。見かけた方、迷わずゲットがよろしいかと。
posted by AGI at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック