2007年05月02日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)1回目

■■5月1日(火)開催■■
前期のYICを東京で終え、後期は心機一転、札幌で受講をします。札幌の講座は、JR札幌駅近くの研修室にて行います。参加者は16名ほどです。

第1回目は、医師である木村宏樹先生の生理学と解剖学の講義です。木村慧心先生も来札されていて、最初にご挨拶をしていただき、すぐに次のお仕事に向かわれました。YICでは午前は講義、午後は実習と講義のパターンでしたが、今回は朝から夕方までずっと講義のみ。学生時代に戻ったようでした。(^-^;;

今回のテキストは、市販の生理学と解剖学の本を使用し、YICで配布されたようなテキストは使用しませんでした。これらの本と、パワーポイントのスライドを使って、ポイントを押さえて講義をしていただきました。

体の正常な働きを理解するための生理学と、体の構造を理解するための解剖学をセットで解説していただくと、あらためて身体の摩訶不思議なメカニズムに感動させられます。

YICの時は毎回配布されるテキストに直接メモを書き込んでいましたが、今回は先生のスライドをノートに写したり、大事なことを聞き逃すまいとメモをとっていたら、ノートはあっという間に10ページも書き綴っていました。まだ頭の中が整理できていませんが、充実した1日でした。

それにしても木村先生、ドクターなので当たり前かもしれませんが、すらすらと専門用語を解説してお話しされる、立て板に水の講義は、朗々とした歌のように耳に心地よく感じられました。(^-^)
もちろん宿題も出ましたよ〜。課題はいつものように3題ほど。でも今回はテキストとノートのおかげで、何とかなりそうです。(^-^;;(た、たぶん・・・)

第2回目は7月3日(火)の予定です。
6月23日は福岡でヨーガ学会があるのですが、私も参加する予定です。

日本ヨーガ療法学会


4月30日は前期講座(YIC)の説明会があったので、私も受付のお手伝いがてら、参加させていただきました。
午後と夜の2回の説明会に、60名近い方が参加されました。
私は午後の部の説明会のみ参加しましたが、木村先生がパワーポイントやビデオを使ってヨーガ療法について説明されるのに、みなさん熱心に聞き入っていらっしゃいました。

YICを卒業して振り返ると、ヨーガの経験もほとんどなく初心者の私には覚えることも多く、宿題も大変だったのですが、仕事をしながらこなしていったのは大きなチャレンジでしたし、大きな達成感も得られました。そして何よりも、自分と向き合う非常に良い機会になりました。
posted by AGI at 14:24| Comment(8) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
YTICお疲れ様でした(^O^)/
それにしても、ノート10ページとは(@_@;)
東京は、次回その講義を受けるんじゃないかと思います。来週末なんですよねぇ。
覚悟して行ってきます(^_^;)
Posted by y's at 2007年05月03日 16:59
y'sさん、こんにちは〜。
お久しぶりですね。
東京はYTICも人数多そうですね。
来週末とのこと、久々のメンバーとの再会も楽しみですね。
蛍光ペンと付箋を持参すると、役に立つと思いますよ〜。
がんばってね!
Posted by AGI at 2007年05月04日 10:09
札幌ではお世話になりました。

ずうずうしく聴講させていただきましたが、とても学ぶことの多い一日でした。

本物のヨーガ行者さんへの興味が一番だったのですが(笑)、木村先生の飾らないお人柄や、私が直面している問題の方向性を示唆するお話に、改めて素晴らしい一日であったことを実感しています。

同席した方は、木村先生のプラーナに触れ頭のチャクラが開いてしまったそうです(^-^)

受付のAGIさんも美しいオーラを発してましたよ♪
Posted by 雪のひとひら at 2007年05月05日 09:51
雪のひとひらさん、こんにちは。
先日はご足労いただき、ありがとうございました。
楽しんでいただけて、そして気づきのある時間が過ごせたようで、私も嬉しいです。

> 受付のAGIさんも美しいオーラを発してましたよ♪

ありがとうございます。
けだるいオーラじゃなくてよかったです。(^-^;;
Posted by AGI at 2007年05月06日 09:25
AGIさん、またまたおじゃましました(^^)
札幌で後期に入られたのですね♪

YIC前期を申し込む前に授業を見てみたいと思って東京支部に電話をしたら、
授業の見学はできないけれど、月に一度木村先生がヨガ行法を教えているとのことで
それを体験しに行きました。
YICの内容とは違うものと説明を受けて行ったのですが、内容的にはヒンドゥーの歌を歌って、
呼吸を1時間して、ヨーガを1時間という感じでした。

YICはどんな感じで授業が進むのでしょうか??
ヨーガの歴史を学びつつ、医学的なことを学ぶという感じでしょうか。
正直あまり宗教色が強すぎると心配というのがあって。。
でも、木村先生は考え方が偏ってなくて話しもとても面白く、
温かいお人柄なんだなと感じました。

AGIさんにこんなこと聞いてしまってスミマセンが教えていただきたく。。
よろしくお願いします!!!
Posted by アサコム at 2007年05月15日 15:02
アサコムさん、お久しぶりです。(^-^)/
ヨーガ行法に行っていらしたんですね〜。
YIC自体は80%が講義、20%が実技や実習です。
ほぼ毎回、午前中は講義のみ、午後は2時間ほど実技を教えていただき、ふたたび講義・・・です。
なので、行かれたヨーガ行法とはまったくカリキュラムが違うと思いますよ〜。

授業の最初と最後、昼食の前には短いマントラを詠唱しますが、これはインドのヨーガ大学でも同じことをするのだそうです。

いわゆる危険な宗教色というのは、まったくありませんでした。
最初の講座で、「ヨーガは宗教ではない」というのを、ちゃんと教わりますので、大丈夫ですよ〜。
Posted by AGI at 2007年05月15日 16:22
お返事ありがとうございました(^0^)

そうですか!!
やはり講座というだけあって講義中心なのですね!!
最後の卒業論文がかなりハードだと聞きましたので、それが心配ですが。。汗
優秀なAGIさんも苦戦しましたか?(><;)

でも、好きなことを極めるって大切なことだし、だから頑張れると思います♪

アドバイスありがとうございます(^^)

PS.AGIさんの美味しそうなパエリアの影響でル・クルーゼのビュッフェ・キャセロール買っちゃいました☆

Posted by アサコム at 2007年05月16日 09:42
アサコムさん、こんにちは!
卒論は、最初に気張りすぎた自分に疲れましたが、「宿題の集大成を作ろう」と肩の力を抜いてから、楽に進むようになりました〜。(^-^)
アサコムさんも、きっと大丈夫ですよ〜。

ルクルーゼ鍋、買ったんですね♪
鍋仲間が増えて嬉しいなぁ〜ヽ(^。^)ノ
Posted by AGI at 2007年05月16日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40594736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック