2006年12月27日

12月のエル・ダンジュ(東京都多摩市・京王線 聖蹟桜ヶ丘)

ズワイガニとカリフラワーのお菓子仕立てミモザ風

昨日の夜中、多摩地区では1時頃から、凄まじい雷の三重奏が1時間も続き、あまりの迫力に今朝は寝不足気味です・・・。(^-^;;

街のレストランでは、怒涛のクリスマスがようやく終わって、普段どおりのメニューに戻り、落ち着きを取り戻した気配がありますね。クリスマスツリーは来年までお蔵入り、代わってお正月飾りに衣替えの時期です。

クリスマスの前、友人のYさんと自宅近くのエル・ダンジュへご一緒しました。時期的に無理だろうな〜と思ったら予約が取れ、ラッキー! こちらのお店は、デザートも充実しているのですが、いかんせん、食後は甘いものはそれほどほしくない私、毎回ここではアラカルトで頼んでしまいます。(^-^;;

ブーダンノワール本日のアミューズは、ブーダンノワール(血のソーセージ)です。濃い味ですが、ほんのひと口が食欲を増進させます。添えられているリンゴとマスタードでいただきます。



Yさんの前菜はトップの写真のズワイガニとカリフラワーのお菓子仕立てミモザ風。まさに絵のような盛り付けに、崩すのがもったいないほどです。今が旬のカニの旨みと、爽やかなカリフラワーのサラダ仕立てには、白ワインがピッタリです。

極上白子のパン粉焼き私の前菜は、極上白子のパン粉焼きにポロ葱のクリームと、ポルト酒ソースが添えられています。
白子は柔らかいので揚げるのにはコツが必要ですが、こちらは外がカリッと、中はトロリと、最高の仕上がりでした。甘いポルト酒ソースによく合いました。

タイのグリル スズキのロースト
メインはYさんはタイのグリル(左)。バジルソースが利いています。
私は野菜でサンドイッチしたスズキのローストです。ソースは、見た目よりあっさりしていたマスタードソース。


話に夢中になりすぎて、ワインの写真を撮るのを忘れ・・・m(__)m。飲んだのは Ch.la Louviere (シャトー ラ・ルーヴィエール) 1999 です。フルーティな香りを抑えた、酸味のあるボルドーです。久々のボルドーの白、シーフードメインの本日のメニューによく合いました。

意外とボリュームがありそうですが、野菜をたっぷり使ってあるせいか、お腹が重くなりません。これが女性に支持されているポイントかもしれませんね。今年もYさんとはエル・ダンジュで、季節ごとに美味しくいただきましたね〜。

posted by AGI at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AGIさん、その節は楽しいひとときをありがとうございました。
舌に美味しく目に美しい、こちらのお店のお料理は私の宝です☆
来年も四季折々の美味しい芸術鑑賞、ぜひご一緒させてくださいね。
そうそう、AGIさんがマロンやスパイスの香り高いワインを楽しまれている間に、私はレモンのムース,はちみつのアイスクリーム,栗のパイをペロッといただいてしまったこと・・・くれぐれも非公開でお願いしますよ、少食キャラ(?!)をキープしたいので(^_^;)ゞ
Posted by YUKI at 2006年12月28日 00:16
YUKIさん、先日はどうも!(^-^)/
そうそう、そういえばもう少し続きがあったんでしたね。(^-^)ゞ
私は美味しそうに召し上がるYUKIさんを見ているだけで、十分満足でございました。(^-^)
とはいえ、食後のワインは別腹な私(笑)。
Posted by AGI at 2006年12月28日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック