2006年12月07日

活水料理 やまと(東京都新宿区・JR新宿駅)

錫のチロリ

先日、ようやく今年最大のプロジェクトの打ち上げをしました。
10月半ばにリリースをして、あれこれ後片付けなどして、ようやくひと段落です。

このプロジェクトは、私を含めスタッフ5人が全力投球して完成させたもので、感慨もひとしお。仕事がピークで辛いときは、打ち上げでみんなが笑顔で乾杯し、美味しくお料理をいただく場面をイメージしながら乗り越えたのが、なんだか懐かしく思い出されました。

打ち上げをしたお店は、私が会社員時代から贔屓にしている、お豆腐と湯葉のおいしいお店「活水料理 やまと」です。ここは仕事やプライベートでも、大切な人しかお連れしないところ。なので、今回も打ち上げはここ、と何ヶ月も前から決めていたのです。

お店はビルのテナントの一角にありますが、とてもそうは思えない造りです。厨房が見渡せる奥行きのあるカウンター席あり、バー風のカウンターあり、掘りごたつのテーブル席あり・・・といろいろです。靴を脱いで上がるので、靴下は穴のあいていないものを履いていきましょう。(^-^)

大切なお席のときは、早めに予約をして用途を伝えると、良いお席を準備してくれます。とくに12月は忘年会シーズンなので、平日でもかなり混雑します。静かに過ごしたいときは、夜よりランチタイムがお勧め。ランチはコースのみですが、盛り付けが実に綺麗なお弁当もあり、目にも美味しいこと請け合いです。

そうそう、トップの写真はお店で出てくるもので、日本酒が1合が入る錫製のチロリです。これがまた冷酒が実に美味しく感じるんですよね。無骨で歪な感じもしますが、妙に手に馴染むしっくり感もあり、お気に入りです。

実はスタッフ全員が揃っての食事は2ヶ月に1度ぐらい。
5人で打合せをするとなると、ノートパソコンや資料を広げるので、テーブルの大きなお店が必須。なのでトラットリア系や天麩羅系など、打合せの後、食事になだれ込むパターンが多いかな(笑)。

今回のように懐石風に一品づつ出てくるのに、最初はみんな緊張していたけれど、やはりおいしいお料理には笑顔が出てきますね。すぐに「うまいうまい」の声が聞こえてきて、ほっとしました。

この日のために、乾杯のスパークリングも用意してもらいました。
その後は、日本酒や焼酎、泡盛など、それぞれ好きなお酒を楽しみました。
久しぶりに、浦霞をたくさんいただきました。(*^-^*)

メニューはこんな感じです。

先付:季節の突き出し

前菜前菜:海老菊花寿司 うの花クラッカー揚
   深山出汁巻玉子 焼栗
   柿べったら膾



造り:本日入荷のお刺身


湯葉刺し向付:江戸前湯葉 醤油あん
私の大好きな湯葉刺し。数年前のランチでは、湯葉刺し食べ放題のコースもあったものです。トロリとした豆乳と湯葉に、一同無言でかぶりつきました。



豆富:南瓜豆富 もろみ

鮭道明寺焼焼物:鮭道明寺焼 かもじ葱 銀あん 
もち米をピンクに染めた道明寺を香りよく焼いた鮭で包んでいます。この綺麗な色合いはみんなが感動!




煮物:塩豚と大根 青味 菊花


湯葉雑炊食事:ゆば雑炊 飛び子 山葵
薄口のおだしに湯葉が舞って、するするといただけるお雑炊でした。きっとみんな、おかわりしたかったんじゃないかな?(^-^)



香の物
水菓子:杏仁豆富

2時間半ほどの食事を終え、楽しかったけど、終わってみるとちょっと淋しいような・・・って淋しがる暇もないほど、すでに次のプロジェクトは進んでるんだけどね。(^-^;;
スタッフのみんな、ほんとにありがとう。
まさかこのブログは見てないと思うけど・・・もし見てる暇があったら、仕事しなさいっっ(笑)。
posted by AGI at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック