2010年04月12日

サンバ・レディの謎

DSCF7803.jpg

最近スペインのバルに凝って、あちこち飲み歩いているという知人から、こんな質問がありました。

知人:「AGIさん、スペインの赤ワインで、マスコット(チャーム)がついているの、ご存知ですか?」

AGI:「スペイン、マスコットといえば、闘牛の付いている、超有名なコレでしょう」と言ったところ、

知人:「いえ、違うんです。牛ではなくて、天使が付いているんです。おいしいワインだったのですが、名前を控えてくるのを忘れて・・・今度聞いてきます」・・・と、いったん別れた私たち。

数週間後、

知人:「AGIさん、わかりました、ワインの名前。サンバ・レディでした!」

AGI:「スペインなのに、サンバ? サンバを踊るレディで、サンバ・レディ? まさか産婆じゃないよね。あははは・・・(^-^;;」と笑う私に彼女は真面目な顔で、

知人:「お店の方が、サンバ・レディですって教えてくれたんですっっ!」

というので、いろいろ探してみたものの、そのようなスペインのワインはネットでもヒットせず、ワインショップでも気をつけてみたものの、見当たらず。

それからしばらくして、ジャスコの中に入っているワインショップを歩きながら、先ほどの話しをダーリンにしていたところ、ダーリンが「あれ?これにも天使付いているけど、サンバ・レディじゃないから、違うか」というので、手に取ってみたワインが、これ。

DSCF7801.jpg

サン・バレンティン・・・・」
あー、なるほどね!!!というオチでした(笑)。

サンバ・レディの正体は、牛のチャームで有名な、トーレスの別ブランド、
サン・バレンティンでした。
サントリーが輸入しているので、比較的手に入りやすいかもしれません。

せっかくなので買ってみました。トップの写真はそのチャームの天使。ミディアムボディとありましたが、もう少し軽い感じでした。スペインではポピュラーな品種、ガルナーチャ(グルナッシュ)で作られていて、果実味が豊かです。牛と天使と、飲み比べも楽しいかもしれません。これからの季節、屋外のピクニックなどにもぴったり系のワインだと思います♪

posted by AGI at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック