2009年01月08日

東京出張

DSCF5426.jpg

昨年12月は、実家の弘前に所用で帰省して、戻ってきてすぐに東京出張があったり、月の前半は札幌を出たり入ったりしていました。その出張からも、もう1か月が経とうとしています。毎回ギュウギュウに打ち合わせを詰め込むので、札幌に戻ってからぐったりしてしまうため、今回は少し緩めのスケジュールにしました。トップの写真は、レストランの鏡に映ったシャンデリアと高層ビル。外の雨の感じも、ちょっぴり出ているかな?

ホテルは、今回初の三井ガーデンホテル汐留です。こちらは札幌の知人が、出張の際に常宿にしているという評判を聞いていたので、今回は楽しみにしていました。

DSCF5416.jpg DSCF5414.jpg DSCF5441.jpg
20.5平米の広さに、実に機能的なデスク回りのレイアウト。無駄なものは一切置かれていないところに好感が持てるとともに、「ここにちょっと置ける棚があるといいのにな」と思う絶妙な位置に棚があったりと、自宅やオフィスよりもビジネスには快適なデザインでした。(^-^;; 

窓もそこそこ広くて採光は十分。そして線路のすぐ近くなのに、防音がしっかりしているため、電車の音は全く聞こえません。ズボンプレッサーや加湿機能付空気清浄機も標準設置で、乾燥からお肌と喉も守ってくれます。そして何よりもポイントが高かったのは、13階に宿泊客専用の大浴場があったこと。夜は12時まで、翌朝も6時から入ることができます。思ったより広くて快適なお風呂でした。温泉ではありませんが、広いお風呂で手足を伸ばせるのは、移動で疲れた体を癒してくれますね。

レストランは1階のイタリアンのみですが、近辺には庶民的な居酒屋やカフェが、たくさんあります。1ブロックぐらい離れていますが、コンビニもあり便利でした。ところでこの一角は「イタリア街」と呼ばれているのですが、初日は途中から雨、翌日も早くから打ち合わせに出かけてしまったので、どこがイタリアっぽいのか、よくわからず、終わってしまった・・・。(^-^;; なにせ、浜松町からのホテルへのアプローチは、昔ながらの佇まいなので、およそイタリアらしい雰囲気がありません(笑)。いずれまた、このホテルには泊まることもあると思うので、今度はよく検証してみたいと思います。

DSCF5419.jpg DSCF5420.jpg DSCF5421.jpg
初日の夜は、あいにくの雨になりましたが、ワイン仲間のCちゃんご夫妻に晩御飯をご馳走になりました。m(_ _)m イタリアーナ エノテカ ドォーロは、浜松町から至近距離で、ビルの1階にあってとても便利。シンプルながら、素材とオリーブオイルの良さが際立つお料理が、おいしかったです。とくに、イタリア産三大生ハムの盛合せは、プロシュットサンダニエーレ、パルマ、クラテッロを食べ比べることができる贅沢さ! 野菜のグリルや手長海老の塩焼きなど、シンプル&フレッシュなイタリアンを堪能させていただきました。

DSCF5422.jpg DSCF5430.jpg DSCF5431.jpg
DSCF5423.jpg DSCF5425.jpg DSCF5434.jpg
DSCF5432.jpg DSCF5435.jpg
驚いたのは、ワインの種類の多いこと! 百科事典かと思うような詳細なコメントと写真が掲載されており、作成の苦労を垣間見たような・・・。お店の方が実際にすべて飲んだ結果をまとめたものだけに、ワイン選びも楽しいひと時でした。Cちゃんのご主人に選んでいただいたワインは、どれも大当たり。白は魚介にぴったりの酸味でさわやかに、赤は最後にいただいたラム肉のカツレツにも合いすぎるほどマッチ。食後のチーズは、すべてイタリア産。パルメジャーノがとてもコクが出ていて、おいしかったです。

DSCF5437.jpg DSCF5439.jpg
リモンチェッロ(写真左)は、リキュールの一種で、レモンの果皮をアルコールに浸し、1ヶ月ほど置いて砂糖水を加え、さらに1ヶ月ほど寝かせるというものです。レモンの香りが爽やかで口当たりはよいのですが、リキュールなのでアルコール度数は30%以上! 飲み過ぎに注意だわ〜(^-^;;。リモンチェッロは、映画「トスカーナの休日」で、ダイアン・レインのボーフレンドが自家製のものを披露するシーンがあり、気になっていたお酒なので、味わうことができて、嬉しかったでーす。そして最後は〆のビール。(^-^;;ご満悦なおじさんの顔が、自分とダブって見えます(爆)。

DSCF5442.jpg DSCF5443.jpg
翌日、友人と自由が丘でランチ。中国料理 爆香房に連れて行ってもらいました。ここは薬膳火鍋が人気とのことで、前菜付きのコースをお願いしました。前菜も味付けがしっかりしていて、量もちょっとずつ何種類か食べられるので、女性には嬉しいですね。写真左は火にかける前の鍋。中央で分かれていて、緑色の方はネギや薬草類が入っている塩味、赤い方は辛口のスープです。火にかけて食べ始めると、スープと一緒に薬草類も摂れるので、自然にヘルシー。具材はつくねや豚しゃぶ用のお肉、野菜などが盛り合わせて出てきます。追加でラーメンの麺などもオーダーできるのですが、結構コースの具材で十分なくらい、お腹いっぱいになりました。このときは、ランチでは基本的に火鍋のみは受け付けていないそうで、コースのみのオーダーとのことでした。体もあったまり、疲れも取れて、リフレッシュできたランチでした。こちらのお店、中国茶の種類も多いので、効能別にいろいろ試してみるのも良いかもしれません。

DSCF5444.jpg DSCF5445.jpg
仕事途中に立ち寄った、奥沢神社。なんとまだ紅葉が!! 札幌は雪が積もってるんだけどな〜と思いつつ、踏みしめる落ち葉は、まだ晩秋の趣でした。

DSCF5453.jpg DSCF5454.jpg
そして夜は東京のスタッフたちと忘年会。恵比寿ガーデンプレイスにあるしゃぶしゃぶのお店「ろくまる 五元豚」へ。38階にあって、景色も抜群です。焼酎や日本酒の種類も多く、ぶたしゃぶに合いました。ブームの「もち豚」のしゃぶしゃぶは、コラーゲンもたっぷりです。こちらもコースなので、前菜やらお造りやらでたのですが、スタッフとしゃべっていて、写真どころじゃなくなって(笑)。唯一撮ったのがこの2枚。キャベツとしゃぶしゃぶ肉の生春巻きと、見事なお肉たち。

DSCF5450.jpg DSCF5451.jpg
こちらは、ガーデンプレイス内にある、バカラのシャンデリア「Baccarat ETERNAL LIGHTS −歓びのかたち−」。圧倒される豪華さと大きさです。東京に住んでいた時は、ほぼ毎年のように見に来ていたこのシャンデリア、今回はタイミングよく訪れることができて、ラッキーでした。今年は1月12日までイルミネーションが見られます。

DSCF5461.jpgCちゃんご夫妻から、お土産に頂いたサドヤのロゼプリムール。いつもあっというまに完売してしまう、人気の商品なのですが、貴重な1本をいただきました。サドヤのワイナリーで採れたカベルネ・ソーヴィニョンで作ったという、さわやかな飲み口で、冷えたところがするするといけてしまいました。おいしかったです。ご馳走様でした。m(_ _)m

食べてばっかりみたいな東京出張でしたが、食べてないときは、仕事も一応していますので(笑)。今回の出張では、良いことも課題も、いろいろと考えさせられたな〜。嬉しかったのは、スタッフの成長ぶり。今年の抱負をみんなで語り合った、充実した時間でした。スタッフみんなの願いがかなうよう、私もがんばらなくちゃ、と心が引きしまり、お腹が緩んだ忘年会でした(笑)。

posted by AGI at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック