2008年09月07日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)12回目&13回目

DSCF5008.jpg

8月はまさに駆け抜けて終わった感があります。気がつくともう9月。オーム瞑想法のレポートがやっと終わって、この週末は何だか脱力状態です。(^-^;; 7月は講座が月始めと月末にあり、すっかりブログでの報告が遅くなってしまいました。m(_ _)m 今回は2回分、まとめてご報告します。

さて、トップの写真は、手稲区にある前田森林公園です。今朝は曇っていましたが雨はなんとか降らない予報だったので、早朝散歩に出かけて撮影したものです。
DSCF5001.jpg DSCF5004.jpg
公園には全長600m、幅15m、水深30cmのカナールがあるのですが、風のない日は見てのとおり、鏡のように景色を映します。じっと見ていると、どちらが本物かわからなくなるほどの美しさに、引き込まれそうでした。ちなみに、この公園は藤棚でも有名です。今年の藤棚はこちら。


今回は、2回分のYTICの報告をまとめます。

■■7月29日(火)開催■■
テキスト:「消化器系疾患とヨーガ療法(理論編/実技編)」
今回は、消化器系疾患の症状と、それに対するヨーガ療法のアプローチなどの講義を、午前中に受けました。ランチ後は、次回のオーム瞑想法の発表に必要なデータの確認や聞き取り調査などを班ごとに行いました。私たちの班は、班員だけのメーリングリストを立ち上げて、お互いのデータの交換をしたので、非常に効率が良かったです。

午後は、アーサナ実習です。3人ひと組となり、1人がインストラクター、あと2人は患者役で、それぞれに2つずつ、違うインストラクションを出します。いちどに2人を同時進行させるので、テキストを見ながら流暢にやる間もなく・・・。でも、患者役で何度もアーサナを繰り返していると、だんだん気持ち良くなり、すごいリラクゼーションになります。(^-^;;

続いて、高木史子先生による、ボーレ先生の呼吸の意識化の実習を行いました。これは、仙台で行われたボーレ先生のテクニックです。高木先生のヨーガ教室でも教えていただく内容ですが、否応なく呼吸に意識が向き、その後の何とも言えない安心感と心の平安の訪れには、最初驚きました。

その後は、毎回行っている、カウンセリング実習です。


■■9月2日(火)開催■■ 新班編成
今回は、オーム瞑想法レポートの提出日です。
午前中に、オーム瞑想法のパワーポイントでのプレゼンテーションを、各班に分かれて行います。
8分間の発表で、質疑応答に2分。発表者のほか、司会者役1名、タイムキーパー役1名を、交代で行います。

レポートができていれば、パワーポイントはそれほど時間がかからず構成が可能だと思いますが、このプレゼンテーションは、「ヨーガを知らない人に向けて発表するように」とのことなので、どこにポイントを絞って発表するか、どのぐらい簡潔にまとめられるかが重要だと思いました。

前回のSMETのプレゼンテーションより、みなさんスライドの内容も作りも、かなりグレードアップしていて、全員の発表が楽しめました。それぞれ視点が違ったり、気づきも多かったです。みなさん、お疲れ様でした。m(_ _)m

午後は、毎回行っているカウンセリング実習を行いました。

次に、前回に引き続き、高木史子先生による、ボーレ先生の呼吸の意識化の実習です。前回より少し長い時間の実習ができました。

その後は、今年6月に仙台で行われた研究総会で、大会長の遠藤先生が発表された「基礎研究から見たヨーガの可能性」のビデオの一部を見ながら、Activity Stress(アクティビティ・ストレス)について学びました。

さて、宿題がこれから変わります。毎回3本のトピックを書きあげるのは、なかなか大変ですよね〜。
それに拍車をかけるような(苦笑)変更です。次回からは、症例報告を2つ提出します。1つの症例につき、A4で2ページ程度にまとめます。そしてそのうち1つは、10分間のプレゼンテーション(パワーポイントのスライド)を作成し、次回の講座で全員が班に分かれて発表します。
そしてもう1つの宿題は、通常通りのレポート式のものもあります。(^-^;;

この形式が卒業まで5回続きます。つまり、症例報告は毎回2例ずつ、合計10例作成することになります。そしてプレゼンテーションは、合計5つ作成することになるわけです。作成するよりも、症例の対象となってくれる方を探す方が大変かもしれません。早めに対策を練っておくことをお勧めします・・・って私もこれから大変なんだけどっ!(≧∇≦)

でも、症例をまとめるのは、良い勉強になります。今回のオーム瞑想法のレポートから、症例のまとめ方のガイドラインが出されました。学会で通用するような発表を書きあげることで、内容の精度も高まるというものですね。大変だけど、やりがいがあります!

YTICの受講を始めたばかりの方で、まだパソコンをあまり触る機会のない方は、できるだけ早めにパワーポイントを習得するのをお勧めします。札幌でも、まったくの初心者だった方も、がんばって練習をして素晴らしいプレゼンテーションを見せてくれました。パソコンに詳しい人を呼んで、有志で何度かパソコン教室をやるだけでも、ずいぶん違うと思います。

次回は10月7日(火)です。
posted by AGI at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり本格的になってきましたね!
高木先生の講座もあるんですね!
去年受けた時の内心の静けさを思いだしました。
AGIさんの報告は、受講生にとって協力な味方ですね、これからもお忙しいと思いますが感動?の最終報告も楽しみにしていますね!
Posted by ケンケン at 2008年09月07日 22:30
◆ケンケンさん
いつもありがとうございます。m(_ _)m
前回と今回の高木先生の実習は、いつもあるわけではないので、大変貴重な実習となりました。(^-^)
やはり呼吸の意識化は、自分には効果があるなぁと実感した次第です。
症例報告は、「涙と感動」の最終回まで、がんばりまーす。(^-^;;
Posted by AGI at 2008年09月08日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック