2017年04月28日

マグノリアに浮立つ春

IMG_2127.JPG

ようやく札幌も桜が開花し、同時にマグノリア(コブシ、モクレンとも言います)も咲き始めました。写真は、大通公園5丁目周辺のヒメコブシです。花びらの裏側に、濃いめのピンクのラインが入っていて、まるで一筆の紅を引いたよう。小ぶりの花が背の高い木の先端から咲き始め、遠くから見ると、木に白い鳥が群れているような様子です。可憐で凛としていて、大好きなお花です。
マグノリアの花言葉は、「自然への愛」というのだそうです。

IMG_2128.JPG

ところで、東京では、京王線沿線に住んでいました。
京王多摩川の駅に隣接して、京王フローラルガーデン アンジェ という1年中楽しめるお花の公園があります。こじんまりとしていますが、バラとマグノリアの種類が豊富で、季節になると、何度も訪れていた、お気に入りの場所でした。
過去ログを見ると、私のマグノリア愛が垣間見られる記事が、毎年書かれていました。
http://agi-site.seesaa.net/article/15391916.html

いろんな種類のマグノリアがあるのですが、私が一番好きなのは、下の写真の「サヨナラ」という品種。名前はさみしげですが、卒業のシーズン、お別れの季節に咲く花として、前向きな別れをあらわしているような気がして。

mag02.jpg

今でも3月になると、ガーデンのマグノリアを思い出し、衝動的に上京しそうになります。
札幌は、これから駆け足で春が過ぎてしまうので、見逃さないよう、マグノリアや桜を愛でる時間を大切にしたいです。

posted by AGI at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

男性目線で、捨て方さまざま

片付けブームの後は、断捨離ブームが続き、ついに、モノを持たない生き方「ミニマリズム」なんてのも出て来ました。
もともと、シンプルライフというカテゴリをブログに設けるほど、片付けには興味があるし、整理収納アドバイザー2級の認定も受けました。書店で専門書以外に目を通すのも、その類のものが多いです。最近は、自身の片付けや断捨離のブログを本にするものが多くなり、一気に本の数が増えたように感じます。著者は圧倒的に女性が多いですね。

今日は、そんな中でも私が唸った、あえて男性の目線での捨て方、片付け方の本とドキュメンタリーを3つほどご紹介します。

「8割捨てればうまくいく!」竹内清文 著
0427_03.jpg
著者は片付けブームの走りでもある、カレン・キングストンに師事した方です。なので、カレンの本を読んだことのある方には、読みやすい内容だと思います。著者自身が片付けで失敗したことや、カレンのセミナーに出て気づきが起こったことなど、親近感のある話題と文体で、読みやすいです。持たないことから生まれる価値や、自分が今大事にしている価値と持ち物は、一致しているか?など、問われることで持ち物を見直すきっかけになります。

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」ジョシュア・ベッカー 著
0427_02.jpg
最近出版された本で、著者は元牧師ですが、ミニマリズムに目覚め、妻と起業してしまったというユニークな経歴の持ち主です。家族みんなでミニマリズムを進めるには?など、お子さんのいる家族にも応用できる内容が多いです。

私たちは 、 「必要なもの 」と 「欲しいもの 」の区別がつかず 、 「安心 」と 「快適 」を混同している 。

という下りでは、思わずなるほどな〜と思いました。不要なものは、捨てる前にバザーに出したり寄付をすることを検討するなど、日本の文化とちょっと違ったり、キリスト教的な要素も含んだ内容もあり、なかなか楽しめます。

365日のシンプルライフ
フィンランドのペトリ・ルーッカイネン監督のドキュメンタリー映画
ウェブサイト:http://www.365simple.net/
0427_01.jpg
監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた、モノと自分を見直す新手の映画です。
昨年、見たDVDで、もっとも影響を受けたのが、コレ。
あまりに絶賛するので、夫がクリスマスプレゼントに買ってくれました。

このドキュメンタリーのようなことを「こんなことやったら、どうなるだろう」と、考えたことがある人はいるかもしれないけど、実際にやるか!?という、驚きの内容です。
ガールフレンドと別れて、モノに埋もれそうな自分に嫌気がさしたところから、ストーリーは始まります。
彼が決めたルールは4つ。

ルール1 自分の持物すべてを倉庫に預ける
ルール2 1日に1個だけ、倉庫から持物を持ち出せる
ルール3 1年間、続ける
ルール4 1年間、何も買わない

「この状況で、買わないのは結構辛いだろう」とか「これなら自分もできるかも?」と思うシーンもあり、映画を見ながら、自分なら何を倉庫から持ってくるだろう?と何度も考えさせられました。

私はすでに、かなりのモノを処分していたつもりでしたが、DVDを見た後、聖域である食器棚を見直し、97個の皿や小鉢、調理道具を処分することになりました。

自分の価値やこだわりが如実に現れる場所って、あるんですね。私の場合はキッチンでした。「もったいない」と「念のため」の束縛から自由になると、おのずとモノは減るように思いました。

  ディナープレート5人分を4セットも持ってる自分って、何?(笑)
  店でもやるのか?と一人ツッコミ(苦笑)。

そういえば、引っ越しの時に手伝ってくれた友人が「これが夫婦2人の食器!?うちの6人家族分より多いじゃん!」と絶句したっけ…。食器棚を片付けながら、ひとりブツブツつぶやきながら、あらためて、ものは今の自分の人生を反映しているのだと、感じました。このモノで、自分は何を実現したいのだろう? 昔と今とでは、このモノに対する価値は変わったのでは?

ペトリが、倉庫から持ち出したモノが70個ぐらいのところで、「もう生活に必要なものはなさそう」と呟く彼の部屋は、なんだかとても居心地が良さそうでした。

このDVDには、実際にペトリが倉庫から持って来たものの一覧(英語)が書いてある冊子が特典で付いていて、これがまた興味深いです。一覧は映画のクレジットにも出てくるのですが、フィンランド語でわからんかった!(笑)
いろんな方にこのドキュメンタリーを勧めて、感想を聞くとそれぞれ面白いものが見えてきます。

今回は、男性目線でのモノとのかかわり方をご紹介しました。女性の書いたものだと、特に主婦同士だと「あるある!」と共感が多いのですが、男性の見方を感じてみることで「マジか〜?」という刺激が加わり、片付けのスイッチが入ることもあります。良ければ、ぜひご参考になさってください。

モノとの関わりを見直す本や映画はいろいろあるけど、自分にフィットするものに1つでも出会えるといいですね。この連休は、またモノと対面しようと思っているところです。


posted by AGI at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

アーユルヴェーダのオイル「ギー」の作り方

ghee_01.jpg

私が5才か6才ぐらいの時だったと思うのだけど、豪快な叔父が「これ、食べてみろ!」と差し出したのは、炊きたてのご飯を丼に盛って、真ん中に穴を開けたところにバターを埋め、そこに醤油を少し垂らしたものでした。

おそらくこれが、私の初めての「バター醤油体験」です(笑)。
このシーンをなぜよく覚えているかというと、それを見た母が、叔父に「子供にそんなこと教えちゃダメでしょ!」と、強くいっていたから。
でも、子供って、ダメと言われるものに、魅力を感じますよね(笑)。
そのバター醤油は、以来、私の禁断の食になりました。(^-^;;

加熱されるバターの香りに触れる時、叔父のことを想い出します。食べたときの香りや食感…、美味しそうに食べる私を見ていた叔父が目を細め、嬉しそうにしていた懐かしい思い出です。

さて、今日はバターを原料とした「ギー」の作り方のご紹介です。オフィシャルサイトでは以前紹介したのだけど、こちらのブログにも書いておきます。

ヨーガを学んでアーユルヴェーダの食に親しむようになって、無塩バターから、ギーをよく作ります。最近は健康オイルブームで、時々ギーも取り上げられることが多くなりました。

インド古来の伝統医学であるアーユルヴェーダでは、ギーは神聖かつ薬にもなるオイルと、珍重されています。肌荒れ改善、消化力UP、便秘予防、活力増進、デトックス、記憶力改善、火傷や怪我にも使われるほどです。日本で私たちが健康のために使う場合は、食事の際に意識して摂取するだけで十分かと思います。

インドでギーを作る場合、温めたミルクにヨーグルトの種を加え、まずはヨーグルトを作ります。それをバターとバターミルクに分けて、バターの方からギーを作ります。

日本では、市販されている無塩バター(お菓子などに使う食塩不使用バター)を精製して作ることができます。以下に作り方を掲載します。

材料:無塩バター250g
●必要な器材:小鍋(底が黒くないものや、ステンレスがベスト)
●クッキングペーパーまたはガーゼ、小さめのざる
 (最後にギーを濾す時に使います)
●ギーを保存するビン
 (ジャムの瓶など、小ぶりで、ある程度口が広いものが良いです)
●カレー用のスプーン(ギーのクリームを取り除く時に使います)

ghee_02.jpg
(1)無塩バターをいくつかに切り分けて鍋に入れて弱火にかける。鍋の種類やバターの量にもよりますが、最初は弱火の方が安全です。火が強すぎると、鍋の種類によっては融けたバターがはねることがありますので、気を付けて。

ghee_03.jpg
(2)バターが融けてくると、写真のように白いクリームの泡が表面にたくさん浮き上がるので、あくを取る要領で、スプーンで丁寧に取り除く。この時に、決してギーをかきまぜないでくださいね。

ghee_04.jpg
(3)クリームを取り除いてしばらくすると、写真のような透明な泡がたくさん出てくる。このあたりが、そろそろ出来上がりのサイン。

ghee_05.jpg
(4)上の(3)の状態になったら、時々鍋を傾けて鍋底を覗いてみます。写真のように、少し焦げがついてきたら、出来上がり。火を消して、そのままギーが冷えるのを待ちます。

(5)こちらが火を止めて冷めた状態のギー。
ghee_06.jpg

(6)冷めたら、小ビンの上に小ざるを乗せ、ペーパーかガーゼを敷いて、ギーをそっと濾す。これで、残っていたクリームや焦げた部分も取り除けます。出来上がったギーは、トップの写真の通り。綺麗な澄み切ったオイルの出来上がりです。このまま油としても使えますが、保存は冷蔵庫へ。
ghee_07.jpg

(7)こちらが冷蔵庫で冷えた状態のもの。バターのようにナイフで取って使います。味はクセのないバターといったところでしょうか。食感はバターに比べ、最初はザラっとした感じがしますが、スーッと融けるのが早いです。
ghee_08.jpg

あくをとったり、水分の蒸発などで、出来上がりはバターの状態より10%ぐらい目減りします。
普段は、ご飯を炒める時や、野菜炒めなどのほか、お菓子作りやパンに塗ったりと、何かと重宝します。料理に使うと、バターよりも軽く仕上がります。とくに、焼き立てのナンに塗った時のおいしさといったら、この上ありませんでした。フライパンで焼けるナンの粉は、スーパーで売っていますので、ぜひみなさんにもお勧めです!

効果のほどは人それぞれですが、便秘が改善したり、肌荒れが治ったりという嬉しい報告が多いです。デトックス作用もあるギーを摂取すると、一時的にお腹が下ることもありますが、デトックスされると自然と収まります。

※ギーは健康に良いと言っても、原料はバターです。過剰摂取はしないよう、上手にお料理に取りいれてくださいね。摂取については、自己責任でお願いします。
posted by AGI at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「塞翁が馬」という名のワイン

IMG_2080.JPG

「塞翁が馬」(さいおうがうま)。なんともすごい名前のワインです。このワインは、余市町にある藤澤農園で育てられたものを、栗沢の10R(トアール)ワイナリーで醸造されました。醸造家のブルースさんは、何度かテレビにも出られたことがあるので、ご存知の方もいるかもしれません。

このワインの名前にもなった「塞翁が馬」は、ことわざの「人間万事塞翁が馬」からとったものです。「幸福や不幸は、予想しようがない。また、幸せが不幸に、不幸が幸せに転じるかもしれないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」ということの例えですね。

さて、ワインの話に戻ります。ケルナー100%で、ヴィンテージは2014年。2014年は夏の気候により糖度が高いぶどうが収穫されたようです。発酵させるのに、なかなかご苦労があったようですが、結果として「ぶどうに任せた」出来栄えが、最高のワインになりました。

ワインの名前になった「塞翁が馬」は、作る過程での試行錯誤や苦労が転じて、良いワインになることを示唆したもののようです。発酵はうまくいく!と、ぶどうの力を信じた気持ちがこもっているかのようなワインでした。
甘さを感じるのだけど、ベタっとしていなくて、潔さが口の中で通り過ぎるというのかな。その味わいを何度も確かめたくて、ワインが進みます。(^-^;;

この日は、ココ・ファーム・ワイナリーのピノグリもいただきました。ご存知白ワインの定番ともいえる品種のピノグリですが、「これが!?」という驚きのお味。大変質が良く、深い味わいでした。余市で育った、ピノグリを使っています(写真中央)。

IMG_2086.JPG

ワインをいただいたお店は、大好きなフレンチレストラン・カザマさん。
本州から来札してくれた、Cちゃんご夫婦に、春満載のお料理と、おいしいワインをごちそうになりました。m(__)m

お料理も季節感あふれるものばかりです。とくに、かに風味のムースにジュレとウニがのったアミューズは、「この世の最後の食事に何を食べたいか」と聞かれたら、これをお願いしたいほど、おいしかったです。
小さなココットの中に、シェフの愛情と技がぎっしり詰まった一品でした!(写真上段左)
コンソメスープは、雑味が全くなく、優しい旨みがあふれています。(写真上段右)
個人的に定番になっている、野菜たっぷりのシャルキュトリー盛り合わせ(写真下段左)は、この一皿で白ワインがぐいぐい進みそうなほど、お肉のパテやテリーヌなどがたっぷり。
来月もお邪魔したいです!

IMG_2067.JPG IMG_2072.JPG
IMG_2069.JPG IMG_2074.JPG

フレンチレストラン・カザマ
http://www.pkazama.com/

10Rワイナリー
http://www.10rwinery.jp/

ココ・ファーム・ワイナリー
http://cocowine.com/

posted by AGI at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

カムバック

IMG_2060.JPG


久しぶりに、「買いだめ」したワイン。 トーレスのサンヴァレンティンです。スペインの名生産者ですね。一般には、牛のチャームがついているので見かけたことのある方も多いでしょう。品種はグルナッシュ100%。これは、今年のバレンタインデーの頃に出回ったワインで、」チャームは牛じゃなくてキューピッド。牛だと、「あなたに猛突進」のメッセージ強すぎるからかな(笑)。

IMG_2061.JPG


季節外れ商品として、近くのスーパーで定価1600円が1000円になっていたのを見つけ、足蹴く通って買いだめしたのです。見つけた方、味は確かなのでぜひ、お勧めいたします。

・・・と、何気なく書き始めましたが、2011年6月から約6年余り放置したままでした。
その間、毎日平均30人ぐらいの方がコンスタントに見に来てくださっているようで、気にはなっていたのですが、様々な事情もあり、久しぶりの更新となりました。

この6年、本当にいろんなことがありました。人生の大きな転換期は何度かあると言いますが、いちどにドドーンとやってきた感があり、時間がない云々より、気持ちが「書くということ」から反れてしまっていたのです。どちらかというと、ネガティブな要素が多かった6年間ですが、苦労話を書き綴るつもりはありませんが、乗り越えてきた体験は、同じような状況にある方のために、少しでもお役に立つかもしれないとも思うので、折々書いていこうかと思っています。
でも中心は、大好きなワインや料理の話になるとおもいますが。(^-^)/

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by AGI at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする