2008年07月25日

2008年 札幌ビアガーデン!

DSCF4759.jpg

北海道には、いわゆる梅雨はないのですが、本州の影響を受ける「蝦夷梅雨」と呼ばれる期間はあるようです。雨がちだったり、気温差があったりと、先日までは落ち着かない天気が続きました。

7月19日から、この夏も大通公園を中心として、札幌ビアガーデンが始まりました。オープン初日は絶好のビール日和でしたが、それから数日は降ったり止んだり・・・でした。先日、フレンチレストラン カザマのマダムとランチをご一緒した帰りに、ビアガーデンで1杯飲んできました〜。

DSCF4765.jpg DSCF4764.jpg
写真左は、プレミアムモルツの中ジョッキ! 右写真の左手のカウンターで、おつまみを作っています。チケット販売の方が会場内を巡回しているので、声をかけてオーダーします。まだ昼なのでそれほど混んでいませんが、なぜか1時を過ぎたあたりから、ボチボチとグループが増えてきたような気がしました。この日、仕事を終えて6時過ぎに通った時は、昼間とは別世界! かな〜り満席になっていました。夜は座席確保が大変そうだ〜。それにしても、会社から目と鼻の先のビアガーデン、いいんだか、悪いんだか(笑)。

⇒ この日のパワーランチはこちら!
posted by AGI at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ラベンダー・イースト by ファーム富田

DSCF4665.jpg

この時期になると、ニュースで富良野からのラベンダー中継が多く見られます。昨年に引き続き、今年もやっぱり見たい!ということで、日曜日に富良野へドライブへGO! 今回は、ファーム富田が今年6月にオープンしたラベンダー・イーストにも行くことにしました。早朝に出発をして、富良野までは楽々到着、ところが!ファーム富田に向かう道が大渋滞! もう何キロ渋滞しているんでしょう?ってくらい、長蛇の列・列・列! 

⇒ さぁ、どうする私たち!?
posted by AGI at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

母の手作り梅ジャム

DSCF4620.jpg

どこのお宅にも、子供のころから冷蔵庫や戸棚をあけると、必ず入っている「常備菜」があるのではないでしょうか。佃煮や梅干し、ふりかけ・・・などなど? うちの場合は、杏を半分に割って干したものを、生姜をひとかけら一緒に赤紫蘇の葉でくるんで、お砂糖と塩で漬けた「しそ巻き」が定番でした。これは私の地元、青森方面では、いわゆる「梅干し」よりもポピュラーなものでした。

今、自分で梅干しを漬けるようになって、その手間と楽しみを覚えて、ふと子供のころ当たり前に食べていたものを思い出されます。母が杏の実を半分に割って縁側に干た、甘みが出てきた半乾きの杏を、こっそり食べて怒られたっけ・・・(^-^;; なので、いまだにチーズに添えられるドライフルーツは、禁断の味を彷彿とさせるわけです(笑)。

ところで、トップの写真は近くの公園のラベンダー。そろそろあちこちの公園や軒先でも、様々な種類のラベンダーがビュンビュン伸びて咲き始めています。上富良野町でも、満開の時を迎えているようです。

⇒ そして母の永遠の定番といえば。
posted by AGI at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

上品なガスパチョ(ミクニ サッポロ・札幌市中央区)

080716.jpg

今月はフレンチ強化月間だな・・・(^-^;; 先日の、ル・バエレンタルに続き、先週末のフレンチレストラン・カザマ、そして今日はミクニ サッポロでランチです。(^-^;; お世話になっている会社の役員編成があり、20年来の知人で同い年の女性が、めでたく社長就任をしたので、今日は彼女の会社のスタッフと、うちのスタッフとで、お祝いランチです。

DSCF4636.jpgトップの写真は、会社帰りに通った道庁の水蓮。しばらく見ないうちに、葉も増えていて、花も随分咲きました。道庁では、「北のめぐみ愛食フェア2008」が開かれていて、たくさんのテント店が出ていました。その場で作っているつまみもあれば、産直野菜もあったりと、いろいろ楽しめます。

⇒ ミクニのランチはこちら。
posted by AGI at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ハッピーバースデー(フレンチレストラン・カザマ・札幌市中央区)

DSCF4594.jpg

DSCF4618.jpg札幌も暑い日が続いています。暑いと食べたくなるのがスパイシーなアジアンフード。昨日は仕事の途中に遅いランチで、大丸の8階にあるHATHI(ハッティ)へ行きました。ココナッツミルクの香りの、辛いカレーが食べたくて。でもお店に着いたらナシゴレンにするかどうか、すごーく悩みました。(^-^;; で、結局写真のグリーンカレーに。ホロホロに煮込まれている大きめのチキンが入っています。御飯が少なめなので、女性にはちょうど良いかも。

ここは便利が良いので、一人でたまに利用するお店ですが、ほんとはもうちょっとガツンとしたタイ料理が好き。私の中ではタイ料理ナンバーワンは、東京・代々木にある「カオティップ」。ここのカパオ・ガイ・ラーッ・カオは、病みつきになりました(すごく辛いけど)。グリーンカレーもおいしいです。札幌でもそろそろ、タイ料理のお店を探索しようかな・・・。

さて、トップの写真は、フレンチレストラン・カザマで、記念日にプレゼントされるミニ・ブーケ。お店の近くにある「さとう はなみつ」さんというお花屋さんに頼んでいらっしゃるとのこと。季節ごとに旬なブーケを作ってくれます。先週末はダーリンの友人たちが自宅に泊まりに来てくれました。今月お誕生月の方がいたので、お祝いのディナーをしました。

⇒ おいしいサプライズも♪
posted by AGI at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

蒼いブーケ

DSCF4591.jpg

昨日の夜から、札幌ではまとまった雨が降りました。このところの暑さも、ちょっと小休止、今朝は湿度は高いですが、空気はひんやりと感じます。トップの写真は紫陽花です。雨が上がったところを見計らって、散歩がてら撮影してきました。接写しているので大きく見えますが、実際は手のひらサイズ。撮影した公園ではブルーの紫陽花がメインですが、その中に、ほんのりピンクや、真白なのも交じっていて、見ていて飽きません。

紫陽花は、土の性質で色が変わります。アルカリ性だとピンクに、酸性だとブルーになると言われています。東京に住んでいた時、庭に真っ白な大輪の紫陽花があったのですが、すぐ脇には大きな株の青い紫陽花が咲いていました。わずか1メートル足らずの距離なのに、まったく土壌の影響を受けない白い紫陽花が不思議でなりませんでした。

青やピンクなどの色がついている部分は萼(がく)で、実際の花はその中の小さな点のような部分です。紫陽花の「花」そのものは、とても控えめで可憐ですね。

⇒ 色とりどりの紫陽花はこちら。
posted by AGI at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

杜の都…仙台の想い出

DSCF4491.jpg

先月、日本ヨーガ療法学会第6回研究総会のため、仙台に2泊3日してきました。今回は研究総会のお手伝いのボランティアの仕事もあったため、宿泊したホテルと会場の往復だけで、観光はしませんでした。宿泊したのは、エクセルホテル東急で、このホテルで懇親会もありました。街中なので、窓からの景色は隣のビルしか見えませんが、お部屋は狭すぎず、清潔で静かで、快適でした。

DSCF4466.jpg写真は仙台名物の「ずんだ餅と抹茶のセット」。ラウンジでいただきました。「ずんだ」はゆでた枝豆を砕いて、お砂糖を混ぜたものです。白玉にまぶしていただく、仙台や山形の銘菓です。仙台には中学時代からの大切な友人が住んでいるのですが、2時間ほどお茶をしながら近況報告ができて嬉しかった〜。


トップの写真は、総会会場の国際センター近くの仙台市博物館庭園にあった伊達政宗像・・・こ、こっち見てる・・・(^-^;;。残念ながら中に入る時間はなかったのですが、博物館は緑に囲まれていて、ちょっと外に座っているだけでも、息抜きに良いところでした。

DSCF4490.jpg DSCF4489.jpg DSCF4492.jpg
写真左は、藤原吉志子作の「逓―昨日・今日・明日」。中は博物館入口の川の側にあったオブジェ。流れるようなラインが素敵! 右は 市内中心部の観光スポットを周る、るーぷる仙台のバス。今度はこれに乗って、ゆっくり市内観光もしてみたいなぁ。

⇒ 2日も通ったワインのおいしいお店はこちら。
posted by AGI at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

記念日ディナー(ル・バエレンタル 札幌市中央区)

DSCF4545.jpg

昨日、今日と、集中して家の片づけに専念しています。ウォークインクロゼットの中の整理を徹底的にして、楽々「ウォークイン」できるようになりました(笑)。あとは古着やら不用品やらの整理をしたら、ずいぶんすっきり。性格上、やるときは徹底的にやらなきゃ気が済まない性質なので、時間をきめてやらないと、朝から晩まで片づけマニアっぷりを発揮してしまいます。(^-^;;

昨日夜、帰ってきたダーリンに成果を自慢するべく、クロゼットを見せたところ、あまり変化を感じてもらえなかったようで・・・。(^-^;; たくさんあるプラスティックケースの中身を整理して、テプラでそれぞれラベルを貼りかえたんだけどね・・・。片づけは自己満足だけど、達成感バリバリです。

さて、月曜日の記念日には、ダーリンも久々に早く帰ってきてくれて、昨年ウエディングをしたル・バエレンタルにディナーに連れて行ってもらいました。トップの写真は、センターテーブルの素敵な飾りつけ。

⇒「幸福のメニュー」はこちら。
posted by AGI at 15:01| Comment(5) | TrackBack(2) | 食べ歩き(北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

1周年と5周年の記念日

DSCF2317.jpg

今日から始まったサミットのあおりを受け、札幌市内でも交通規制や通行止めなどが多く、街は混雑しているようです。ところで、今日は特別な日です。昨年の今日、無事に入籍をした記念日です♪ そして事務所の創立5周年の日でもあります。1年が過ぎるのはあっという間で、去年の挙式に向けてのあわただしさなど、懐かしく思い出されます。というよりも、やっと振り返る余裕ができたといった感じかな。

DSCF2286.JPG去年は、入籍をした後に、ウエディングのメニューの試食に、ル・バエレンタル ひらまつに行きました。2種類のフルコースを食べ比べ、披露宴でお出しするワインも選定しなくてはいけないので、酔っている場合ではないのですが(笑)、あまりにお料理もワインもおいしくて、食べ(飲み)すぎました。(^-^;; レストランウェディングは、こうやって手作り感のあるプランの立て方が特徴ですね。写真は試食用のメニューです。トップの写真は、ディナーの最後に出していただいたお祝のプレート。「Felicitations」は、「お祝い」という意味合いの言葉。素敵な演出でした〜。

DSCF2280.JPG DSCF2274.JPG
しかも、私たちはレストランに行く前に、フレンチレストラン カザマのご夫妻にお祝いにいただいた、すんごいシャンパンを空けて出かけました〜。アンリ・ビリオのキュヴェ・レティシア(しかもグラン・クリュ!)です。アンリ・ビリオは、アンボネイ村の中でも評価の高い畑を所有しています。 レティシアは、娘さんのお名前です。年産わずか500本の希少品で、めったにお目にかかれないシャンパン。これで勢いついたかな(笑)。飲んだことのない、おいしいシャンパンでした。クリーミーなきめの細かさが、ベースとなるワインの質の高さをビシバシ感じました。

さて、事務所の方は創立5周年。札幌に移転してから、この1年ちょっとの間は、これまでにない忙しさでしたが、同時に今後の事業について、自分がこれから何をしたいのかを深く考えさせられる出来事が多かったかな。去年立てた志の「法人化」は今年1月に実現したので、今期の抱負は新規事業の立ち上げ、とします。来年の記念日に、良い報告の記事が書けるよう、がんばります!

いつも私を支えてくれる、家族と友人知人のみなさま、そして心強いスタッフのみんなに、心からの感謝を。m(_ _)m


posted by AGI at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

第2期札幌ヨーガ療法士後期養成コース(YTIC)12回目

DSCF4419.jpg

トップの写真は、先月いただいたミヤコワスレです。半月以上たったのに、まだ元気いっぱい咲いてくれています。暑い日に、きりりとした紫が、目にも心地よく感じます。さて、一昨日はYTICの講義の日でした。学会直後でしたが、今回は早めに宿題も終わらせておいたので、珍しく余裕がありました(笑)。

■■7月1日(火)開催■■
テキスト:「リウマチ・関節炎とヨーガ療法 理論編」、「関節/筋肉系心身症とヨーガ療法」、「カウンセリングQ&A2(講義資料)」

今回の講師は、木村慧心先生です。午前中はリウマチ・関節炎とヨーガ療法についての講義、仙台学会の報告、先日巡礼されたインドの写真を見ながら、お話を聞きました。

ランチ後は最後のオーム瞑想法の測定です。今回の計測を持って、9月の中間発表のレポートを作成します。YGテスト、健康自己診断も行います。

その後、前回に続き3回目のカウンセリングの実習です。前回同様、カウンセラー、クライアント、観察者を3人ひと組で、交替でロールプレイをします。回を重ねるごとに、短い時間の瞑想で、自分の体験を振り返るこつがつかめてきたようです。

このカウンセリングでは、今回お話しするテーマの説明(シュラバナ)をカウンセラー役が1、2分ほど話します。その後、テーマについてカウンセラー役、クライエント役が一緒に3〜5分ほど瞑想(マナナ)します。先にカウンセラーの体験を1、2分程度で話し、次にクライエントが自分の体験を5〜10分程度話します。

これらを、カウンセラー、クライアント、観察者の立場から、
・無防備度
・共感性
・受容性
・間(ま)のとりかた
・理解力
・熱意

の項目で、各10点満点で採点していきます。今のところ、採点結果は公開していません。カウンセリングはマニュアル通りに進みませんし、パターン化できない難しさがあります。またそれがチャレンジでもあり、大いに勉強になります。自分の体験を話して、クライエントとの共感性を高めたりすることは、意義があると思いました。

次回は7月29日(火)です。今月は2回も講義があるので、宿題を急がなくっちゃ!(^-^;; 前日の7月28日(月)は、一般参加が可能な木村先生の特別研修会があります(9:00〜11時半)。内容は、ラージャ・ヨーガ、アーサナ、プラーナーヤーマ、瞑想の予定です。詳細は日本ヨーガ療法学会にお問い合わせください。
posted by AGI at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。